ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年卒は「8月選考解禁」で早くも内定ラッシュ! 無内定学生は焦り「同期に会うのが怖い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
2016年卒は「8月選考解禁」で早くも内定ラッシュ! 無内定学生は焦り「同期に会うのが怖い」

経団連に加盟する大手企業の選考が8月1日に解禁され、早くも内定ラッシュが起きている模様だ。ネットには就活生から喜びの声が多数挙がっている。

8月1日と2日が土日だったため、ツイッターでは週が開けた8月3日から内定報告が相次いだ。これまでも中小企業やベンチャーの選考は行われていたが、やはり大多数の学生は大手を第一志望としているらしく、喜びもひとしおのようだ。

「なんかその場で内定貰いました笑 やったー大手やー安定やー!」
「第一志望内定だぁぁあああ!!いいいやっほおおお!!大手!!大手!!こんにちは自動車業界!!よろしくなああああ!!」

ここで正解なのかと「内定ブルー」になる学生も

経団連加盟企業が就活のスタート時期を後ろ倒ししたといっても、正式内定の解禁時期は10月のままで変わっていない。8月に出るのは正確には「内々定」となるが、実質的に内定ということのようだ。複数の企業から内定をもらう「就活強者」もいた。

「これで内定2つだわ。一応もう一社だけ受けるつもり」
「お兄ちゃんが大手いくつも内定もらってて意味わからん。すげー。」

第一志望の大手から内定が出たことで、滑り止め企業の内定を辞退する学生も。「こんな俺に内定をくれた1社目に内定辞退をするのが申し訳なさすぎる」と悩みつつ電話したという学生は、「相手(採用担当)が女性だから可哀相になってきた」とツイートしている。

また、「内定もらったらもらったで、ここで本当に正解なのかって思い始めてる」と悩む投稿も。早くも内定ブルーになっている人もいるようだ。

内定まで行かずとも、選考が佳境に達している学生は多い。「明日大手3つも面接受ける。 10日まで内定出す企業ばっかで体力使う」という投稿もあった。企業としてはやはり解禁後速攻で選考を進めて、学生を囲い込んでおきたいのだろう。学生も頑張りどころだ。
大手でダメなら中堅中小企業の「再募集」に期待

内定が出たり選考が進んでいたりする人はいいが、辛いのは一向に先が見えない苦戦中の「無内定就活生」たちだ。友人が次々と内定を得ていくことに危機感を持つツイートも多数寄せられていた。

「周囲が超大手企業から内定もらい始めてて焦りますよ~」
「同期に会うのが怖い みんな大手の内定複数持ってそう」
「そろそろ無内定なのは僕だけになってきた感じかな??」

もっとも正式に選考が解禁されてから、まだ1週間も経っていない。今後は大手企業に人材を取られたことで、再募集をかける中堅・中小企業も出てくるだろう。

人材コンサルタントで千葉商科大学専任講師の常見陽平氏も8月5日、ツイッターで「まあ、内定が出る日は、同じ会社でも人によって違うからね(本当に)決まっていない人も、焦らずいこうぜ」と呼びかけていた。

あわせてよみたい:「就活後ろ倒し」は失敗だった!?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。