体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

8/10付ビルボードジャパンチャートおよび7/27~8/2 RADIO ON AIR DATA発表

8/10付ビルボードジャパンチャートおよび7/27~8/2 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による8月10日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年7月27日〜8月2日)および2015年7月27日〜8月2日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

ジャニーズWEST「バリ ハピ」が、セカオワ、AAAを押さえビルボード総合首位獲得

3形態で発売されたジャニーズWEST「バリ ハピ」が、SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO」との激しい首位争いを制し、Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。フィジカル2指標のセールスとルックアップではジャニーズWESTが勝利したが、ラジオ1位、YouTube4位、11位Twitterと、セカオワが急追、僅差で決着した。

前週ダウンロードとYouTubeを解禁して総合4位で初登場したAAA「LOVER」は、パッケージ発売を受け全ての指標でポイントを伸ばし、総合順位を1つあげて総合3位となった。特に前週に引き続きTwitterで1位を守っている。

YouTubeの国内再生回数は、三代目「Summer Madness」と「R.Y.U.S.E.I.」が、なんと5週連続の1、2フィニッシュとなっている。特に「Summer Madness」は7週連続で1位を守り、ラジオも前週11位から8位に上げるなど、全指標で強さを誇る勢いだ。また、今週パッケージ発売となる椎名林檎「長く短い祭」は、デジタル解禁を受けてダウンロード1位。ラジオ、Twitterでも順位を伸ばして、総合5位にランクアップ。来週のチャートアクションが注目される。

水樹奈々がアニメチャート制覇 秦 基博「ひまわりの約束」は50週目のチャートイン

今週のビルボードアニメチャートは先週に引き続き、水樹奈々による『戦姫絶唱シンフォギアGX』オープニング曲「Exterminate」が制覇した。同曲は発売2週目にしてCDセールス、デジタルセールスともに好調。さらにアニメ曲としては比較的珍しくラジオでもポイントを積み上げ、2位以下との僅差を制しての首位となった。

2位は岸田教団&THE明星ロケッツによる『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』オープニング曲「GATE~それは暁のように~」。こちらはデジタルセールスが2位と好調、加えてCDセールスやルックアップでもポイントを積み上げての躍進となった。また、3位となった学園生活部による『がっこうぐらし!』オープニング曲「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」も、岸田教団&THE明星ロケッツ同様、やはりデジタルセールスが3位と好調を記録した。

その他、全体では10位となったAimerによる『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』挿入歌「Last Stardust」は、アルバム曲としてCDセールスのポイントは加算されなかったものの、デジタルセールスでアニメ20曲中1位を獲得。番組放送時からファンに待ち望まれていた曲だけに、その存在感を今週のチャートで発揮した。

また、今週Twitterポイントで他と一線を画す結果を出したのがCHiCO with HoneyWorksによる『銀魂°』オープニング曲『プライド革命』。いわゆる“歌ってみた”等のネタとして取り上げられることも多い同曲は、今週、文字通り桁違いのTwitterポイントを稼ぎ、8月5日の発売を前にして8位にランクイン。次週の上位進出もまず間違いないだろう。

また、今週11位の秦 基博「ひまわりの約束」はいよいよ50週目のチャートインを達成。50週目のアニメチャートへのチャートインは、2010年のチャート公開以来5年間で、SEKAI NO OWARI「RPG」に続く2曲目の快挙となる。ちなみにその「RPG」は今週94週目のチャートインとなり、100週チャートインまであと6と迫っている。

カーリー・レイ・ジェプセン 8週目の1位をキープ、突如公開の1D新曲は何位に初登場?

カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」が見事首位をキープしたビルボードジャパンの洋楽チャート“Hot Overseas”。

全体的にポイントが下がりつつあるものの、依然と首位をキープし続けているカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。そんな中、再びTOP3圏内に浮上してきたのは、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」。家庭教師のトライによる新サービス「Try IT」のCMに起用されたことで、7月末のCM公開タイミングからデジタル・セールスとYouTubeの再生回数が伸び始め、今週2位にランクアップした。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy