ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『銀魂』の世界を味わおう!『かふぇあんどばー万事屋銀ちゃん』池袋にオープン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アニメ『銀魂』(空知英秋原作/週刊少年ジャンプ連載中)を題材とした『カフェ&バー CHARACRO feat. 銀魂』が東京池袋に8月7日にオープンします。

【関連:MOCO’Sキッチンに『銀魂』ネタが登場→もこみちさん「究極はマヨチュチュ」】

カフェ&バー CHARACRO feat. 銀魂

うっかり将軍家家宝の壺を割ってしまって、莫大な借金を抱えたという万事屋一行はその借金を返す為に巷で流行りのかふぇあんどばーに目をつけて『かふぇあんどばー万事屋 銀ちゃん』をやろうと決意した、というのがコンセプト。真選組の面々なども巻き込み『カモ』を待っているそうです。来店の度にポイントが貯まり、『マダオ』から『ドS侍』など少しずつ階級も上がっていき、見事『いいカモ』認定されると『ちょっとしたいいモノ』も貰えるかもしれないとのこと。

オリジナルメニューはフード10種、ドリンク11種が用意されていて『銀さんの宇治金時丼パフェ』や『当分王に俺はなる!!!』といった、甘党の坂田銀時ならではのメニューから『マヨラーVSケチャラ―プレート』など土方と北大路との対決を再現したものなど、個性的なものが並んでいます。
他にも店内では大型スクリーンとモニターで常時『銀魂』特別映像を放映やオリジナルメニューについてくるコインで投票可能な『チキチキ キャラクター人気投票!!』といった企画があり、ネックストラップ、記念ステッカーといったオリジナルグッズも販売が予定されています。

さらに7日から23日までは高杉晋助と志村新八のバースデーイベントも開催予定。通常のメニューに加え3種のフードとそれぞれのキャラクター缶バッチが数量限定で発売されます。

100分ごとに入れ替えの完全予約制で『namcoキャラクロ公式サイト』にて予約が出来ます。尚、入場の際には別途チャージ料として500円が必要で、身分証明書の提示も必須となります(コピー不可)。

(文:ロジン2020)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。