ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Mac版もついに! DSD11.2MHz/PCM 384kHz 32bit 対応、TASCAMのフリー音声データ・エディタ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Mac版もついに! DSD11.2MHz/PCM 384kHz 32bit 対応、TASCAMのフリー音声データ・エディタ!

すでにWindows版がリリースされており、フリーのソフトウェアとは思えないDSD 11.2MHzにまで対応した仕様で話題となっている波形編集『TASCAM Hi-Res Editor』。

ついにこのたびMac版も登場した。

本ソフトウェアは2チャンネルまでのDSD / PCMのハイレゾファイル編集が可能なソフトウェア。DSD / PCM相互のファイル変換やサンプリング周波数などの変換のほかファイルの分割、結合といった基本的な編集に加えイン / アウト点で指定した区間の変換 / 書き出しが可能。画面に表示された波形を見ながら設定ポイントを 直接操作することができます。

OTOTOYで購入したDSD 11.2MHzなどの少々扱いずらいファイルも普段聴き用に変換などもこちらのソフトで行える。

もちろんWindows版と同じくMac版も無料だ。

下記サイトからDLが可能。
(河村)

・『TASCAM Hi-Res Editor』公式ページ
http://tascam.jp/product/hi-res_editor

Mac 版の主な特長
・DSD/PCM のハイレゾファイルの編集が可能
・DSDは、2.8MHz / 5.6MHz / 11.2MHz に対応
・PCMは、44.1k~384kHz / 16,24,32 ビットに対応・2chまでの音源に対応(ステレオ/モノ)
・DSDのままインポート、編集が可能
※DSD11.2MHzモニター時はDSD5.6MHz 以下に変換されて再生されます。
・音声ファイルフォーマットの変換やサンプリング周波数などの変換が可能
・フォーマット変換 PCM ⇔ DSD
・任意のサンプリング周波数、量子化ビット数への変換
・2つのファイル結合が可能なコンバイン機能
・波形表示ができ、イン / アウト点で設定した区間の変換 / 書き出しが可能
・書き出し時、イン / アウトにショートフェードの付加が可能(オン / オフ選択可)
・任意のフォーマット、サンプリング周波数などで書き出しが可能
・パソコン単体で編集可能
・TASCAM のウェブサイトで無料ダウンロードが可能

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。