ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓流スターB1A4 取材現場では常に誰かが歌う状態で記者興奮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 K-POP人気アイドルグループ「B1A4」を、女性セブンが単独取材。深夜1時からの取材にもかかわらず、撮影にもインタビューにも“大人な対応”を見せる彼らに、女性記者はますます夢中になってしまうのだった。記者たちが緊急座談会を開催。

I代:MERS(中東呼吸器症候群)問題で、すっかりソウルが遠くなっちゃったよね。

T美:私、東方神起のラストコンサートも、泣く泣くキャンセルしたもの。

S子:私はMERSがこんなに流行る前の週に、B1A4のソウル単独取材に行ってきたよ。

I代:彼らは最強ビジュアルよね。音楽性も高いし、野獣のようなアイドルたちがはびこるK-POP界で、唯一無二のさわやかな存在。

T美:デビューして4年くらいでしょ。今でもかわいいさわやか路線なの?

S子:ブラックのスリムなスーツに細いネクタイの衣装をリクエストしたんだけど、そんな男らしいスタイルがとっても似合う大人の男たちに成長してたの!

I代:撮影裏話、ぜひ聞かせて~。

S子:始まったのが深夜の1時だったんだけど、彼らはずっとほがらかで、いつも誰かが歌ってるんだよね。ちょうどシヌゥがミュージカルの初舞台を控えていたから、ゴンチャンやサンドゥルがシヌゥにミュージカル風に歌って絡んだり、ライブさながらのわちゃわちゃ感は、見ていてニヤニヤしちゃったわ。

T美:他にはどんなわちゃわちゃがあったの?

S子:ミュージカルの準備でかなり追い詰められてる感じだったシヌゥは、インタビューに答えるときもかなり考え込むことが多かったんだけど、横で聞いていたバロが、「ネガイッチアナ~!/ぼくがいるじゃないか!) We are the One!」って言いながらしばらく2人で見つめ合ってたの。このツーショット、眩しかったな~(笑い)。

I代:私、その韓国語大好き! ドラマでもK-POPの歌詞でも、よく出てくるじゃない! 一度言われてみたい~。

S子:ゴンチャンは想像以上の美少年だった。目がきれいであごのラインも美しいし、キュッと上がった口角は完璧。ICレコーダーをいつも気にかけてくれて、自らもって、話してるメンバーに向けてくれたり。

I代:バロくんだけB型なんでしょ?

S子:確かにマイペースだった(笑い)。撮影、インタビューともパッと集中して、パッと自分のやりたいことに戻るって感じで。インタビューではちょっと斜に構えてクールぶってるところがかえってかわいかったな。

T美:ジニョンは、ステージではいつもニコニコしながらみんなのわちゃわちゃを見守ってる感じがするけど、実際もそうなの?

S子:この日もそんな感じだった。作詞作曲もプロデューサーもこなすリーダーだから、センシティブな性格なのかも。ドラマの撮影の疲れもあったと思うし、カメラマンさんが、“ちょっと人見知りするのかな”って言ってた。でも才能のオーラのようなものがすごかったの。

I代:いちばん印象に残ったエピソードはなに?

S子:それは“歌ウマ”サンドゥルの生歌でしょ! “サンドゥルくんのソロ曲『片想い』が大好きです”って言ったらすごく喜んでその場でサビを歌ってくれて、鳥肌が立っちゃった。

I代:みんなイメージ通りのとってもいい子たちだね。

S子:ラジオの生放送を3時間こなしたあとの深夜の撮影だったのに、高い集中力でカッコイイポーズをどんどん決めてくれたし、インタビューでは自分たちの言葉で丁寧に質問に向き合ってくれた。プロフェッショナルな人たちとの仕事って、本当に気持ちがいいなって思ったよ。

T美:かわいいアイドルたちもいつの間にか“働く大人の男たち”に成長していたんだね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
取材嫌いのビートルズ 日本刀持参の女性記者には3時間話す
NMB渡辺を熱く語る小林よしのり氏に「本命は誰?」の声
何を言っても返り討ち!取材者泣かせの「樹木希林恐怖伝説」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。