ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高校野球応援ルール 田中康夫氏が着ぐるみを脱がされた過去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 金属バットの色、ユニフォームの種類、派手なガッツポーズ禁止など高校野球には『高校野球特別規則』や「周知徹底事項」などにより、独特のルールが定められている。スタンドでの応援については、都道府県の高野連ごとに細かい指導が行なわれている。いくつか紹介しよう。

●ブラスバンド以外(鐘、笛、和太鼓、空き缶およびペットボトルを利用した鳴り物)禁止
●ブラスバンドの演奏は自校の攻撃時に限る
●応援団のリーダーは祭り装束や奇異なものは避けて高校生らしい服装で応援する
●相手校の特定の選手名、守備名を呼んだり、一斉にコールしたり、冷やかしたり、ヤジったりしない
●品位を疑われるような歌、コール、踊り、裸やショー的な応援はしない
●選手名の入ったノボリや垂れ幕は禁止。自校以外の宣伝となる横幕や旗の持ち込み禁止
●紙テープや紙吹雪の禁止

 過去にはトラブルも起きた。

「かつて沖縄の伝統衣装を着た応援団が締め出されたことがあるし、長野県知事(当時)の田中康夫氏がヤッシーの着ぐるみを脱がされた。他にも“文武両道”と書いた法被も認められないなど、高校の宣伝となる行為や地方色を出した応援はNG。高校野球はこうあるべきという枠組みが決まっている」(スポーツ紙アマチュア担当記者)

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
地域別にみる高校野球トリビア 鳥取県が日本一を誇るのは?
送りバント=愚策説 得点の可能性が上がらないのは証明済み
渡辺久信 高校3年の夏は自分の押し出しにより県決勝で敗退

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP