ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普通のホワイトボードがたちまちスマート化!記述内容をリアルタイムで記録&シェアしよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

打ち合わせに、プレゼンテーションに。ビジネスシーンでは、ホワイトボードは欠かせない存在である。

・既存のホワイトボードをスマート化

Equilが手がける「Smartmarker」は、既存のホワイトボードをスマート化するデバイス。ホワイトボードに書いた文字や図などの記述内容を、デジタルデータとしてリアルタイムで保存し、他のユーザーとシェアできるようにしてくれるというもの。

・同社ではスマートペンも開発

このEquilは、手書きデータを電子ファイル化するスマートペン「Smartpen 2」の開発元であり、同様の技術を活用し、より大きいキャンバスに置き換えたものが「Smartmarker」である。

・センサーが横5メートルの範囲を網羅

デバイスの使い方はこうだ。まず、ユーザーは「Smartmarker」の専用センサーを、ホワイトボード平面上に設置する。

ちなみにこのセンサーは、センサーから左右に2.5メートルずつ、上下に1.5メートル、つまり横幅は最長5メートルまでの範囲をカバーする。

・専用ケースにマーカーをセット

次に、普通のホワイトボードマーカーを「Smartmarker」専用のケースに入れてセット。後はいつもと同じように、ホワイトボードに書いていくだけ。

・リアルタイムでデータシェア

デバイスはBluetoothを通じて、PCやモバイルデバイスなどと接続し、リアルタイムで電子データ化して記録していく。

その場にいる会議参加者のみならず、遠方にいるチームメンバーも同時にデータシェアし、手元のスマートフォンから会議内容をフォローしたりもできるのだ。

また、「Smartmarker」の内部メモリーに保存しておき、後ほどダウンロードすることも可能。

保存データを後から加工したり、DropboxやEvernoteといったクラウド内で保管する……なんていうこともできるという。

・新たに特別なボードやマーカーを購入する必要なし

この「Smartmarker」が対応するのは、ホワイトボードマーカーで描ける平坦な面であれば何でもよく、ホワイトボードからガラス、壁まで、さまざまなものをキャンバスとして利用できるのがユニーク。

既存のホワイトボードやマーカーをそのまま利用できるのも大きなメリットだろう。迅速かつ容易な情報共有に一役買ってくれそうだ。

Smartmarker

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。