ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ルーニー古巣ユニフォームでプレー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


普段のマンチェスター・ユナイテッドのものとは違う、青地のユニフォームでドリブルするのは、サッカー・イングランド代表FWのウェイン・ルーニー。実に11年ぶりに前所属チームのエヴァートンのユニフォームに身を包んだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

といってもこれは、エヴァートンOBのダンカン・ファーガソン氏の記念試合での様子。現在はエヴァートントップチームのコーチを務めるファーガソン氏に感謝を伝える試合に、2004年まで同氏とチームメートだったルーニーも招かれたというわけ。

当時と同じ「18」の背番号で出場したルーニーは、観客のサポーターから熱い拍手を受けた。
(R25編集部)

ルーニー古巣ユニフォームでプレーはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

1位柴崎?イケメンJリーガー選挙
現役を続けてほしかった選手1位は
W杯戦士の年収ランキング
20代アスリート「頭脳派」1位は?
スポーツ「試合中止」7つの珍事件

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。