ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【甲子園】静岡山梨対決に地元民興奮

DATE:
  • ガジェット通信を≫


全国高等学校野球選手権大会、通称“夏の甲子園”が8月6日に開幕する。3日には組み合わせ抽選会が行われ、対戦カードも決まったが、ネットではどのチーム・選手に注目が集まっているのだろう?

【もっと大きな画像や図表を見る】

選手権大会100周年の節目にあたり、開会式後の始球式には王貞治氏が登場するなど、何かと話題が豊富な今大会。Yahoo!が現在行っている「2015年夏の甲子園、注目チームは?」というアンケートでは、王氏の母校である早稲田実業(西東京)が1位(10.9%)となっており、以下、激戦区・神奈川を勝ち抜いた東海大相模、前回王者の大阪桐蔭を破り初出場を果たした大阪偕星、春の選抜で初優勝を飾った敦賀気比(福井)が続いている(4日12時半現在)。

最注目選手は、1年生ながら名門・早稲田実業で中軸を打つ清宮幸太郎選手で間違いないだろう。抽選会により第3日にチームが出場することが決まると、ヤフオクには早速チケットが登場。6000円のペア席には入札が殺到し、オークションの締切まで2日を残して、すでに6万3000円の値がつけられている(4日16時時点)。

1回戦の組み合わせでは、敦賀気比vs.明徳義塾(高知)、東海大相模vs.星光学院(福島)など、いきなり強豪同士の対戦が実現し、ツイッターには、

「結構もったいないカードが多いね」
「気比、いきなり明徳と当たってる」
「気比と明徳、相模と聖光、はちょっとかわいそう」
「今年もいきなり好カード揃いすぎる」

といった声が漏れている。また、東海大甲府(山梨)vs.静岡(静岡)、岐阜城北(岐阜)vs.中京大中京(愛知)、智弁和歌山(和歌山)vs.津商(三重)など、お隣り県同士が1回戦でぶつかるケースが相次ぎ、

「開幕2戦目にして愛岐ダービーですとな」
「いきなり初日に岐阜VS愛知って」
「初戦から愛知vs岐阜とかw 運が悪いね…」
「お隣県といえば三重と和歌山もだけど 隣県でつぶしあいかークジだからしょうがない」
「三重対和歌山だ~。隣同士で潰し合わんでも~」

など、嘆きの声が登場。富士山を巡るライバルである山梨と静岡が1回戦でぶつかったことについては、

「東海大甲府は山梨の宿敵静岡と対決だ」
「静高は何とお隣の山梨代表・東海大甲府と初戦かー」
「東海大甲府と静高の富士山ダービーじゃないか」
「静高vs東海大甲府の富士山争奪戦」
「東海大甲府vs静岡って勝った県に富士山奪われたりしないか不安になる」

といった声があがっており、こちらが1回戦最注目のカードと言えそうだ。
(金子則男)
(R25編集部)

【甲子園】静岡山梨対決に地元民興奮はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

建設の動力は牛!? 甲子園トリビア
高校野球の監督にしたい名選手1位
一度は体験したかった夏イベTOP10
デビューは散々だった野球選手列伝
甲子園の土がオク出品 入札0終了

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP