ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甲子園大会 第3・4試合ではストライクゾーンが甘くなる説も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春夏3度の優勝に導き、歴代6位となる甲子園通算40勝の記録を持つ木内幸男氏。茨城県の取手二と常総学院を率いた巧みな選手起用は『木内マジック』と呼ばれた。1984年夏、桑田真澄、清原和博のKKコンビを擁するPL学園との決勝戦で9回裏にエースをライトに下げるワンポイントリリーフでKKを打ち取り、延長10回裏に3ランが飛び出し優勝している。甲子園に棲む勝利をさらう魔物とどうやって戦ってきたかを、木内氏が振り返った。

 * * *
 強いチームでも地方大会で完全燃焼してしまうと、甲子園で力が出せないことが多い。ピークは甲子園に合わせ、地方大会では余裕を持つ。これが私の考え方でした。だから「甲子園に行けば楽しいぞ」と思わせるため、甲子園の秘密をたくさん教えてやりました。

 例えば甲子園で1日4試合ある時は、私は子供たちに第3試合と第4試合では早いカウントからの「好球必打」を命じました。3、4試合目は、クサいところがストライクになる可能性が高いからです。

 理由は審判が試合を急ぐから。第4試合となるとナイターになる可能性が高い。すると審判団は照明代にかかる経費を削減するため試合を急ごうとする。特に第3試合は第4試合の開始時間が見えてくるためかなり急ごうとするし、第4試合は応援団を少しでも早く帰らせてあげたいという親心から、ストライクゾーンが甘くなる。だから逆に守る時は甘くなったコースを徹底的についていきなさいと指導しました。
 
 ストライクゾーンが広いのに真ん中の甘い球を投げる必要がないという理屈ですね。それに“浜風”や“陸風”も味方にしました。甲子園は午前中の試合は六甲山から吹く“陸風”で、午後は“浜風”が吹く。それに応じてオーダーも変えました。浜風が吹くとライト方向には球が伸びづらく、左バッターに不利となりますからね。

 天候やグラウンドコンディションによっても作戦は変わります。水はけのよい甲子園でも雨で足場が悪いと、前に走り込む野手は尻もちをつきやすい。特に体重がある選手が走ると足を取られる。だから相手チームの選手の体型を見ながらバント、バスター、スクイズを絡めたバント攻撃を仕掛けていました。

 ただバントをやらせすぎると野球が小さくなるので、次の試合では自由にノビノビと打たせるということもやった。その時は自分たちの前にやっている試合の結果を気にしていました。基本的に甲子園は湿度が高いが、前の試合で本塁打が出ていると「今は空気が乾いていてボールが飛びやすいな」と判断する。そんなケースではスクイズではなく、外野への犠牲フライを狙わせました。

 高校野球の監督は選手にハートを入れるのが仕事。いい監督は選手の持ち味を生かして、最高の働きができるように試合で使ってやることができる。私はそう心がけて「甲子園の魔物」と戦ってきたつもりです。

●木内幸男(きうち・ゆきお):1931年、茨城県生まれ。取手二、常総学院の監督を歴任し、春7回(うち優勝1回、準優勝1回)、夏15回(うち優勝2回、準優勝1回)、甲子園に導く。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
甲子園大会では足からよりヘッドスライディングが有効な理由
延長15回裏サヨナラヒット ベース踏み忘れで甲子園幻の事件
甲子園の傾向 第3試合ストライクゾーン甘くなると稀代の名将

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP