ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今からでも遅くない! この夏ナイスなボディを手に入れる! ダイエットアイテム5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この夏の暑さで、薄着になることが増える日々。冬にため込んだ脂肪は、体のラインに表れてしまいがち。きっかけがあればダイエットできるのに……、という方に送る、T&S編集部おすすめのダイエットアイテム・アプリをご紹介します!

【1】イケメンがアメとムチでダイエット指導!? 罵られながら痩せたい方に

理想の体型を得るための過酷なダイエット。誰かに応援してもらえれば続けられるのに……。好きな人からの「頑張れ!」という言葉でダイエットを成功させたなんていう人の話を結構聞きますが、それがスマホで体験できるアプリがリリースされました。その名も「ねんしょう! for Girls」。

イケメンが自分のダイエットをアメとムチで応援してくれるアプリ。スマートフォンについている傾斜センサーを使って、腹筋を記録しつつ応援してくれる。単に頑張れと言うだけでなく、ときには「もう疲れたのかよ」とムチを振ってくることも。全9話のストーリー仕立てになっており、全部コンプリートするための意欲が筋トレの頑張りにつながる。

「ねんしょう!」シリーズは、イケメンだけでなく美少女のシリーズもあるので、男性も要チェックだ。

「ねんしょう! for Girls」の詳細記事はコチラ

【2】半身浴の手持ち無沙汰解消! お風呂スマホの専用枕

お次は、お風呂での半身浴ダイエット。お風呂に半分お湯を張り、長い時間お湯に浸かることで、大量の汗や老廃物を出すことが期待できる。しかし、実際やってみると、本も持ち込めず、ただただぼーっとしてるのって結構苦痛だ。

そんな長年の半身浴ユーザーの悩みを解決するアイテムが、「お風呂でもちょっと持って手!」。防水携帯を持っていない人でも、防水のケースが一緒についてくるので、水没を心配せずに使うことができる。しかも、小型スマホだけでなく、タブレットなども使える大型ケースつき。お風呂場でリラックスしながらダイエットができ、つらいダイエット特有の挫折しやすさがないのがポイント。

風呂場以外でもピローとして使うこともできるので、実用性は抜群だ。

「お風呂でもちょっと持って手!」の詳細記事はコチラ

【3】自宅で”個人レッスン”が受けられるスペシャルなヨガマット

新陳代謝や身体のリズムを整えることもダイエットの鉄則。そこでおすすめなのがヨガだ。

ただし、特に初心者にとっては指導してくれる人が必要で、従って、レッスンはジムなど、多人数で受けることが多い。できれば自宅でリラックスし、自分の好きなタイミングで集中したい……。そんな人ピッタリなのが、「SmartMat」。スマートフォンと連携して、好きな時間に、好きな場所でヨガを指導してくれる。

ヨガマットの中に運動を検知するセンサーが組み込まれており、自分の体幹がしっかりとしているかの確認や、姿勢をキープしている時間を測定することなどができる。ちなみにヨガとスマホ連携は世界初だそうだ。

「SmartMat」の詳細記事はコチラ

【4】糖質管理実施の強い味方! 糖質管理アプリ3選

運動するのは億劫……。なかなか運動する時間が作れない。そんな人は日々の食事を”スマホに記録”してみてはいかがだろう。ダイエットのために糖質制限を行うのが有効だということは、テレビや雑誌から知った人も多いかと思う。しかし、実際にノートやメモ帳で管理をするとまとめるのが大変で挫折してしまいがち。

そこで活用したいのがスマホのアプリ。現在さまざまな糖質制限アプリが登場しており、それらを駆使すれば、自然と毎日の摂取カロリーを気にかける生活ができ、効率的なダイエットができそうだ。

日々、生活している中で節制したい目標の管理だけでなく、体重、カロリー結果などの管理も可能。目標設定も無理なく行え、実際に減っていく様子がグラフで確認でき、紙とペンではなかなか続かなかった人にもおすすめできるアプリだ。

「糖質管理アプリ」の詳細記事はコチラ

【5】ダイエットしたいときには、テトリスが欠かせない?

そんなこと言ってもぐうたらしていたい! そんな方に朗報だ。

ダイエットをするときに必ず発生するストレス。それを軽減するためには「テトリス」が有効だ、という研究結果が出ている。

英プリマス大学の実験によると、テトリスを3分間プレイした人は、しなかった人に比べて食欲が24%も低くなったという。

ダイエットをしている際に、必ず発生してしまう自分との葛藤。食べるか食べないかという自己との闘いに、「とりあえずテトリスしてストレスを抑える」という第3の選択肢もあるのではないだろうか。

「テトリス」の詳細記事はコチラ

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP