ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デンマークに架かる「円形の橋」が、人々の心を癒す理由とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コペンハーゲンに次ぐデンマーク第二の都市オーフス。風光明媚な海岸線が続くこの街で、今年、彫刻作品を展示するアートイベント「Sculpture by the Sea」が開催されました。
なかでも、建築デュオ「Gjøde & Povlsgaard Arkitekter」が手掛けた作品が、ヨーロッパ中で話題になっています。

Photo by : Aarhus I Billeder

写真でもわかる通り、彼らの作品は、どこからどう見てもまん丸の円形構造の木製橋。トコトコと海の上を歩いて回れる、終わりのない「無限橋」です。

Photo by : Peter Hastrup Jensen

「我々は街のあらゆる景観を参考にして、街と美しい海岸の風景を融合した作品を作りたかったのです。この橋を歩いて回ることで、終わりなきパノラマ感を味わうことができるはず。
それと同時に、回っている間に他の人たちとの会話が生まれたり、見ず知らずの誰かと一緒に、景色の移ろいを共有する機会が得られます」

共同創設者のJohan Gjøde氏は「designboom」の記事で、この橋のコンセプトをこう語っています。

Photo by : Aarhus I Billeder

Photo by : Aarhus I Billeder

さて、海抜2mに設置されたこの「無限橋」の直径は60m。森の奥から延びる小川の河口にあたる部分に設置されており、風景の輪郭に調和するように、細部にまでこだわって製作されています。
潮の満ち引きによっては、デッキがほとんど海面と同じ高さになることも。普段は陸からしか眺められない風景も、この橋の上からならゆっくりと楽しめます。

Photo by : DANISH TM

じつはこの「無限橋」が設置されているのは、20世紀中頃まで、木製の桟橋が架かり、蒸気船の発着が行われていたという場所。人々はその桟橋から船に乗り、余暇を過ごしに海を渡っていたと言います。形は違えど、同じ場所に木製の橋が甦ったことを懐かしむ声もあったと「Gjøde & Povlsgaard Arkitekter」は伝えています。

Photo by : danskebilleder.dk

Photo by : Gjøde & Povlsgaard Arkitekter

Reference:designboom magazine , Sculpture by the Sea
Licensed material used with permission by Gjøde & Povlsgaard Arkitekter

関連記事リンク(外部サイト)

20代で気づくべき「100のコト」。酔った勢いでの関係は、2回まで!
【1,600万回再生】予定より「15週間」早く生まれた赤ちゃんの成長記録に、ママ号泣
※応募終了『奇跡の2000マイル』特別試写会にご招待!世界が待ち望んだノンフィクションの映画化

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP