体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【映画クロスレビュー】全シリーズ中最高の恐竜シーンに大興奮! 最後にはホロリ『ジュラシック・ワールド』

エンタメ 映画
ジュラシックワールド

全世界で記録的大ヒット中の『ジュラシック・ワールド』がいよいよ8月5日、本日より公開! 一足お先に映画を観た映画好きライター陣によるクロスレビューをお届けします。

映画クロスレビュー『ジュラシック・ワールド』

【ストーリー】
事故の起こった「ジュラシック・パーク」にかわり、新たにオープンした「ジュラシック・ワールド」では、ジャイロスフィアという球体の乗り物でめぐる恐竜見学や、モササウルスの水中ショーなどで人気を博していた。さらなる人気を獲得したい責任者のクレアは、飼育係オーウェンの警告も聞かず、遺伝子操作により、凶暴で高い知性をもった新種の恐竜インドミナス・レックスを作り出すが……。

監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、トーマス・タル

オーウェン:クリス・プラット
クレア:ブライス・ダラス・ハワード
ホスキンス:ビンセント・ドノフリオ
グレイ:タイ・シンプキンス
ザック:ニック・ロビンソン

『ジュラシック・ワールド』公式サイト
http://www.jurassicworld.jp

ジュラシックワールド

主人公の「たいそうのおにいさん」的な親近感&安心感が抜群/♪akira

大画面を覆う巨大な影、ズシンズシンと響きわたる足音。『ジュラシック・パーク』上映中の映画館では、恐竜たちのあまりの迫力に本気でギャン泣きする子どもたちが続出! 映画の感動と興奮とともに、その出来事は今でもはっきりと覚えています。それから22年、まさかこんな素晴らしい続編が観られるとは! 

あんな惨劇が起きた後にちゃんとテーマパークができていたという設定も大胆ですが、しかもそれが世界中の恐竜好きが夢に見るような完璧さ! しかしどんな大掛かりなセキュリティを備えても、スリルを求める大衆のニーズに応えるべく改造を加えた結果、人間がコントロールできない恐るべき生き物を生み出してしまい・・・という、まさに一作目のコンセプトを踏襲した今回の物語。

そんな期待値マックスのこの映画が世界中で驚異的な大ヒットを飛ばしている理由の一つは、クリス・プラット演じる恐竜行動学のエキスパート、オーウェンです! かつて子どもたちを恐怖のどん底に突き落とした小型恐竜ヴェロキラプトルと信頼関係を築き上げたただ一人の人物という、予想を遥かに超えた神設定!!! さらにあの全身からあふれでる安心オーラ。オリジナルにおける、学者たちが眉間にしわを寄せて知識をフル活用した理詰め&非力なサバイバルは、小さな観客にはひたすら怖かったであろうと推測できますが、今回の主人公は、その動物的カンと行動力、そして「たいそうのおにいさん」的な親近感で、こどもも大人も一緒になって冒険を楽しめることまちがいなし! 

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会