ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手描きの魚の絵が泳ぎだす!「おえかきすいそう ピクチャリウム」で自分だけの水族館をつくろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「おえかきすいそう ピクチャリウム」

手描きの魚の絵をiPhoneのカメラでスキャンすることで、水槽の形をしたボックスの中で泳ぎまわらすことが可能な商品「おえかきすいそう ピクチャリウム」が6月25日発売した。

デジタルとアナログの遊びを融合した商品としてタカラトミーアーツから登場した同商品。そのユニークさから、おもちゃ大賞2015のイノベイティブ・トイ部門優秀賞やギフトショーのグランプリを受賞している。

専用のアプリをインストールしたiPhoneを使い水槽型の本体に取り込み自分だけのオリジナル水族館を作ることができる。魚だけでなくタコや潜水艦、人魚など、好きなものを何でも絵に描いて泳がすことも。

自由に書いた絵が泳ぎ出す仕組みは、絵を描く「おさかなカード」にあるという。カードに印刷されている緑色の枠がARコードになっており、その中に黒い縁で描かれた絵をiPhoneアプリが「おさかな」として認識し取り込む。しっかりと縁どりされていれば、どんな色や形の絵でも泳がせることができ、「おやつカード」も用意している。

絵だけでなく写真や立体物も読み取ることが可能。iPhoneで撮った写真を合成する「顔ハメフレーム」をアプリ内に用意しており、人の顔の人面魚を泳がせることも可能。

カードに描いた「おさかな」や「おやつ」は大きさによって泳ぎ方や動きが変化。水そうに向かって手を左右に動かしたり、本体上部を軽くたたいたりすると魚が声を出しながら反応します。また、季節ごとに発生する「隠しイベント」も用意していたりなど、描いた絵に愛着を持ってもらえるような工夫を施している。

価格は1,780円(税抜)。対応機種は、iPhone6/6Plus、iPhone5/5s/5cで、対応iOSは、iOS6.0以上。

手描きの魚の絵をiPhoneのカメラでスキャンすることで、水槽の形をしたボックスの中で泳ぎまわらすことが可能

自分だけのオリジナル水族館を作ることができる

水槽の形をしたボックス

「おさかなカード」「おやつカード」

「おえかきすいそう ピクチャリウム」パッケージ

おすすめ記事

「東京おもちゃショー2015」開催!リニアモーターカー玩具やスター・ウォーズグッズが人気
http://yattarjapan.com/3012081/

▼リンク
「おえかきすいそう ピクチャリウム」
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/suisou/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP