ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホテルオークラ東京本館 創業者の強烈なダンディズムを体現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 53年の長きにわたり国内外の要人を迎え入れ、「日本のモダニズム建築の最高傑作」と称えられた「ホテルオークラ東京」の本館が、今年8月をもって建て替えのため閉館となる。2019年には41階と16階建ての2棟に生まれ変わる予定だ。

 オークラ本館は、東京国立近代美術館や迎賓館赤坂離宮和風別館も手がけた巨匠・谷口吉郎氏ら5人の建築家が設計。核心の中に日本の伝統美を取り入れたデザインは、世界にも例を見ない特別で優雅な空間を作り上げた。

 高い芸術性の実現には、創業者・大倉喜七郎氏の尽力が大きかった。戦前に父・喜八郎氏の爵位・男爵を受け継ぎ、戦後も「バロン」との愛称で呼ばれた人物である。ケンブリッジ大学を卒業した秀才であり、東西の芸術にも広く深く通じていた。

 編集工学研究所所長の松岡正剛氏がいう。

「喜七郎氏は日本最大のパトロンのひとりで、横山大観ら日本画家を応援し続けた。世界的に評価の高い本館のデザインも、喜七郎氏が大倉家所蔵の『平家納経』の模写を谷口氏に見せたことがきっかけで生まれました。オークラ本館は、喜七郎氏の強烈な美意識とダンディズムの体現です」

 世界のVIPたちを心酔させてきた希有な建築物は姿を変え、また新たな歴史を刻んでいく。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
成蹊大学の図書館 吹き抜け空間にカプセル型閲覧室が浮かぶ
スズキのSマーク 新幹線700系を手掛けたデザイナーによる作
安藤忠雄氏「文化の象徴だった建築が、経済に必要な建物に」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。