ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戦争を回避することがでなかった理由を紐解く『昭和史講義』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『昭和史講義 ──最新研究で見る戦争への道』筒井清忠編/ちくま新書/950円

 戦争を経験した著名人41人のメッセージ集。中国大陸から引き上げた漫画家のちばてつやは、中国人に助けられた体験を踏まえ、人間的な交流があれば戦争は防げるとしている。女優の香川京子は、戦争が始まると国の方針に従うことになるので、自由を守るためにも平和が大切という。

 空襲で焼け野原になった日本を見たアニメ監督の高畑勲は、憲法九条の大切さを力説している。戦争を知らない世代が増えているだけに、戦争の悲劇を知る人たちの言葉は重く受け止める必要がある。

※女性セブン2015年8月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「戦争ができる国作り」が進む日本の現在の状況を分析した本
中国反日攻勢 7月7日、25日、8月15日、ハイライトは9月3日
『あしたのジョー』のラストをちばてつや氏が独自解説した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP