ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香取慎吾 ブログに登場するSMAPメンバーとのそれぞれの距離感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 会員制有料サイト「Johnny’s web」で連載中のブログ、3年500回分を50音順に並び替えて再構成した『慎語事典 SD SHINGO DICTIONARY VOLUME1』(小学館/2484円)を発売した香取慎吾(38才)。

 選び抜かれたマスメディアで小さいときから活躍してきた人だけに、ストレートに肉声が伝わるブログという別の表現手段に、逆の意味で怖さを感じなかったのだろうか。香取は語る。

「ストレートに表現しないことの、プロですから。とんでもなく厳しいなかでもう25年以上やってきたので、そのあたりのコントロールはとてもうまいと思います(笑い)。ブログにアップする前に、会社が一応チェックしていますけど、この表現はだめとか言われたことは一度もないです。ここでは、他とは違ってストレートにものを言っているところももちろんありますけど、それだけだとまた面白くなくなるのでそうでないものもある。でも全部読んでもらえば、この人、本当はこういう人なんだなって、さすがにばれちゃう本ではありますね」(香取さん、以下「」内同)

 コンセプトは「会員制の実験室」。ブログを始めて最初の1週間は毎日更新、そのあとの1週間は、あえて更新を止めてみた。

「どんなふうに感じるのか、自分で実験してみました。その間も写真はずっと撮っていたし。やっぱり、嫌いじゃないんですよね。これだけテレビに出て、仕事をさせてもらっていると、ふだんそうストレートに言うことはないですけど、自分のことを知ってもらいたいがために、きっとぼくらアイドルをやってるわけであって、有名になりたい、知ってほしい、って思いはいまだにどこかに持ってるんですよ」

 そう言いつつ、ロケに出かけた先でブログの読者に声をかけられるといつになく動揺してしまうそうだ。

「『おじゃMAP!!』の番組で街を歩いていて、『わーっ』ていう人のなかに何人か『SD見てます』って人がいるんですよ。『ありがとう』って言いながら、『うわあ』『あああ』って恥ずかしい(笑い)。うれしいし、すごい味方という感じももちろんあるんですけど、『あれも、これも、知ってるんだ…』みたいな気持ちになって」

 写真はすべて自撮り。『服バカ至福本』(集英社)の著者でもある香取が、屋外で、みずから三脚を立てて撮った私服姿もふんだんに載る。ごく普通に、都内の美術館やコンビニに出没しているのにも驚く。

「美術館はね、すごい場所なんです。ぼくに気づいて『あっ』って思っても、声を出して騒いじゃいけない。今、この時代に、携帯で写真を撮っちゃいけない場所なんてほとんどないけど、美術館は、騒いでもいけない、写真も撮れないから、混みあってるところでも、入るだけ入っちゃえば、みんな『はっ!』ってなるだけ。美術館のスタッフの人たちは、ちょっと『大丈夫か?』って空気にはなりますけど、『こんにちは~』って目で挨拶して」

 その瞬間の無言劇を想像するとおかしい。街で道路工事の人や配達の人に気軽に話しかけられたりもしており、いつもスタッフにがっちりガードされ、人目を避けて行動、という毎日ではないらしい。

「20代前半までは人ごみが苦手だったり、どこに行っても周りが自分のことを知っているから外を歩きづらい、というのはありました。たぶん、どこかでスイッチが切り換わって、変な言い方ですけど、『これはもう無理だな』っていう瞬間があったんじゃないかな。隠れてても無理、みたいな。その時から、街を歩けばみんな知り合い、ってそんな気持ちに切り換えるようになりました」

 SMAPのメンバーそれぞれとの距離感、向ける思いやブログへの登場のしかたも興味深い。

「本にするためゲラをチェックしていて、ゴロウちゃん(稲垣吾郎)のことがいちばん書いてあったのが自分では面白かったです。ツヨポン(草なぎ剛)はちょっと近すぎて、家族のことをこういうところに書くの、みたいな気持ちがあるのかな。でも近いぶん、写真はたくさん載ってます。木村(拓哉)くんと中居(正広)くんのこと書くときは考えちゃうのかな。で、ゴロウちゃんがいちばん多くなったんだと思います(笑い)」

 本にも出てくる、その稲垣が司会をつとめるブックバラエティー番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系)に、念願叶って『慎語事典』の著者として出演した。

(取材・文/佐久間文子)

※女性セブン2015年8月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香取慎吾 ブログ更新のために専用の携帯アプリ作ってもらう
橋田壽賀子「次はイチローを通して米国人を描きたい」と告白
月9ヒロイン・杏 長い台詞連発で「初めて顔が筋肉痛です」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP