ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頭と他人の胴体合体手術の実現可能性は? 動物では実験済み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 つい先頃発表された「頭部に他人の体を移植する手術」の計画は世界を驚かせた。仮にそれが実現すれば、寿命を大幅に延ばすことにつながる。

 遺伝性の難病ウェルドニッヒ=ホフマン病を患うロシア人男性、ワレリー・スピリドノフ氏(30)の将来は絶望的だ。筋萎縮が進み、自らの骨格を筋力で支えられなくなる病気で、症状は徐々に悪化している。このままでは、長くは生きられない。

 そこで命をつなぐために検討されているのが、イタリア人の神経外科医、セルジオ・カナベーロ博士が2年後に予定している画期的な手術だ。スピリドノフ氏は、それに一縷の望みを託している。

「HEAVEN」と名付けられたそのプロジェクトは、にわかには信じられないほど大胆だ。患者の頭部を首から切断し、脳死状態のドナーの体に接合する。つまり、首から下をすべて他人から移植するのだ。

 そんな手術が、本当に可能なのだろうか。今年6月、米メリーランド州で行われた学会で、カナベーロ博士はこの頭部移植プロジェクトについて熱弁をふるったが、その内容には医師たちも半信半疑だ。「彼は嘘をついている」「成功させるにはあと100年かかるだろう」との声もある。

 頭部移植手術そのものは、カナベーロ博士の独創ではない。1970年代には、米オハイオ州ケース・ウェスタン・リザーブ大学の脳神経外科医ロバート・ホワイト氏率いる研究チームが、アカゲザルの頭部を別の体に移植する実験を15例ほど実施している。目覚めたサルには視覚・聴覚・味覚・触覚などがあり、最長で9日間生存したが、脊髄の神経の損傷のため、首から下の身体を動かすことはできなかった。

 近年では、中国のハルビン医科大学でマウスの頭部移植実験が行われている。こちらは体を動かすことに成功したが、生存期間は最長で1日。人間の手術は時期尚早のようにも思える。

 人間の場合、仮に医学的に移植が成功しても、心理的なハードルが高い。1988年にはフランスで手の移植手術が行われたが、手と自分が一体化していないと感じた患者は、後に切除を求めた。移植された胴体に患者が馴染めるかどうかも大きな課題だ。

※SAPIO2015年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田中将大が受けるべきかで論争 トミー・ジョン手術とは何か
後頭部の毛を抜き植毛するも朝起きたら出血 まるで惨殺死体
ルー二ーで話題の植毛 基本21万円+平均1000株植えで150万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。