ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国旅客機で問題続出 放火や「空気吸いたい」と非常扉開ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月下旬、中国浙江省台州発広東省広州行きの旅客機内で、持ち込んだガソリンにライターで火をつけようとした乗客1人が乗員や乗客に取り押さえられた。この事件で、男を取り押さえた乗務員に30万元(約600万円)の報奨金が贈られたが、出発地の台州市の民用航空局長ら計3人が安全管理に不備があったとして免職された。

 中国ではこのところ、旅客機の乗客によるマナーの悪さや規則軽視などによるトラブルが相次ぎ、問題視されており、航空機トラブルには信賞必罰で臨むという中国当局の姿勢が明確になった。

 中国国営新華社通信によると、男は同機が広州国際空港に着陸しようとしていたところ、突然、立ち上がり、ペットに入ったガソリンを座席近くのカーテンなどにかけてライターで火を付けようとした。インターネット上には一部に燃えた跡がある座席の写真が掲載されており、機内で放火しようとしたとみられる。

 男は乗員らに取り押さえられたが、刃物で抵抗し、1人が負傷した。男は着陸後、逃げようとして開いたドアから飛び降りて重体だという。同機には乗客95人と乗員9人が乗っていたが、着陸後、避難して全員無事だった。

 この事件で、前述の通り男を取り押さえた乗務員に30万元の報奨金が贈られたほか、男と格闘した他の2人の乗務員にもそれぞれ3万元(約60万円)を贈られた。

 中国では今年4月、大連発深セン行き旅客機内で、乗客の女4人が座席のリクライニングをめぐって口論となり、髪をつかんで殴る蹴るの大乱闘を繰り広げたことから、同機は途中の上海の空港に緊急着陸。4人はそのまま警察に連行され、5日間の行政拘留処分を受けた事件が起きている。

 また、今年1月には、西安発海南島行きの中国東方航空の国内便が海南島の空港に着陸したあと、乗客の1人が非常扉を開け、脱出用シューターを作動させるという事件も発生。この乗客は「できるだけ早く飛行機から降りたかった」と動機を語った。

 さらに、同年1月、杭州の空港で乗客1人が離陸直前、非常扉を開けてしまうトラブルがあった。乗客は「飛行機に乗るのは生まれて初めてで、新鮮な空気を取り入れようとした」と述べた。

 これらのトラブル続出で、中国の航空当局は問題を起こした悪質な乗客の搭乗を禁じるほか、公安当局に厳重に取り締まるよう求めている。中国国内ではネット上でも「国の恥だ」「厳しく罰すべきだ」などとマナーの悪さや規則違反に強い批判が集まっている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
靖国神社放火未遂事件 取り押さえた時には韓国人と分からず
事故の韓国・アシアナ航空 失われた信頼取り戻すのは困難か
中国国際航空 CAが韓国で買い物に夢中になって出発遅れ批判

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP