ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年間段ボール需要 1人あたりミカン150箱分で景気が左右

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 業界紙、専門誌のめくるめく世界をあなたに。今回は、板紙・段ボール業界の専門紙を紹介します。

『板紙・段ボール新聞』

創刊:1960年
発行:毎月7、17、27日
部数:6800部
読者層:段ボールメーカーほか関連業者、大手メーカー
定価:半年間、1万4580円
購入方法:発売元・日刊板紙段ボール新聞社に直接注文。

「まいど~、宅配便でーす」。玄関先でこの声を聞いたら、まっ先に考えるのは、その中身。今なら知人から届く夏野菜? それともお取り寄せ品か、ふるさと納税品か?

 それらが入っている段ボール箱を気に留める人は、まずいまい。中身を取り出すために、ナイフで裂く者あり、パンチを入れる者あり。あげく、“資源ごみ”という名のやっかい物扱い。

「家電、家具、化粧品、洗剤、アルコール類、カップ麺、清涼飲料水、野菜、肉、魚。あらゆる物は段ボール箱に入って運ばれているんですけどね。業界以外で、段ボールに興味を持つ人なんているんですか?」

 副編集長の浮田洋司さん(38才)は、記者の顔をけげんそうに見る。

 話を先に進めよう。まず段ボール箱の原料は、95%段ボールで、古紙回収業者→製紙工場→段ボール工場→段ボール箱工場と、4つの業者を通って各企業や消費者へ届く。そして、使ったら資源としてふりだしにもどり、7、8回生き返る。

「表紙と波なみの中紙、裏紙を貼り付けるのはとうもろこしなどの粉。徹底的に環境にやさしいんですよ」と浮田さん。

 日本の年間需要は130億平方メートル以上。1人当たりみかん箱にして150個使っている勘定だそう。地味で目立たないが、“日本経済の縁の下の力持ち”でもある。

「その分、景気のよしあしは業界全体に響きます。2008年のリーマン・ショックのときは、消費量が極端に鈍り、その後、徐々に回復しましたが、好調だった2007年にはまだ届かないのが現状です」とも。

 長らく、段ボール先進国はアメリカで、生産量はずっと1番だったが、生産量に限れば2003年頃から中国が逆転した。しかしながら、世界中の段ボールシートを作る高速機は、日本の2社とドイツの1社がほぼ独占し、一矢報いている。

 量はともかく、「箱の質では世界の最高レベル」と浮田さんは誇らしげだ。高額な中身には、それにふさわしい美しさが要求される。

 300回以上続く、同紙の人気連載企画第1位の「企業訪問」は、大企業から、家族経営の段ボール箱の製造会社まで記事にしている。その一例が『村上紙器工業所“ものづくり”から“事づくり”』で、大阪、西成区の従業員数6人の貼箱を作る会社を取り上げた。同社は手加工による特殊な貼箱を得意とし、紙だけでなく、ビニールクロスや布クロスを貼る技術で、抜きんでている。

〈(かつては)手作業も今に増して多く、刷毛で職人が糊付けしていた。…均一に塗ろうとすれば確固とした職人技が求められる。かなめであるからこそ、職人が最も偉い。同社の場合…現代表の祖母であった。〉

 高級ワインや、化粧品を梱包する同社の箱は、ため息が出るほどの出来栄えだ。

〈無論、当初より全てが上手くいったわけではない。…数年間は仕事の時間を削ってでも可能な限りデザイナーの作品展に参加させてもらうなど、行動を共にして…〉

 その一方で、たえず機能性を高める業界の動向も追う。

「たとえば高級な地酒の箱なら、クッションからビンの頭の押さえまで、広げると一枚の紙になって、それを組み立てるようにできています。いちごはきっちり4パック入る大きさで、パックが底につくといちごが傷むので、パックの角を仕切りにかけて浮かせるような構造なんですよ」

 最近のトレンドは輸送箱がそのまま陳列箱として、「パコッと頭部を開けて」、スーパーの売り場に並ぶ形式で、品出しの手間を省いている。

 そして昨今の業界の話題は、

「この夏の天候ですね。冷夏はビール会社だけでなく、段ボール業界にとっても打撃なんですよ」(浮田さん)

 地味で目立たない段ボール箱にも、かかわる人の喜怒哀楽が詰まっていたのである。

(取材・文/野原広子)

※女性セブン2015年8月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
60か国以上を旅した著者が旅の極意や数々の失敗談を語った本
天然妻 引っ越しの段ボールを「重い」「かなり重い」と仕分け
ホテルの厨房に「段ボールマジック」と呼ばれる食品偽装工作

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP