ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲んだ後の楽しみ、ビールの空き缶で作るインテリア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

150804_beerinterior1.jpg
暑いときには、やっぱり飲みたくなるビール。
なかでも海外のビール瓶や空き缶って、パッケージがおしゃれなものが多いですよね。なんだかそのまま捨てるのはもったいないと思いませんか。
いつもなら、プハッ~っと飲んでそのまま捨ててしまう空き缶。でもせっかくならそのデザインを活かして自分だけのインテリアへと変身させましょう!
今回は夏の部屋のアクセントにぴったりな、ビール瓶や缶を、「インテリアライト」にアレンジする方法をご紹介します。

豆電球をINするだけで、本格インテリアに

Masafumi Yamamotoさん(@masafumi1308)が投稿した写真 – 2015 6月 5 3:25午前 PDT

ビール瓶の中に豆電球を入れるだけ。たった30秒で、本格的なインテリアライトが完成します。
デコレーション用の豆電球は100円ショップにも売っているので、思い立ったらすぐ作ることができます。

アウトドアで使えるキャンドルホルダーに変身!

@meow_decorが投稿した写真 – 2014 12月 20 10:03午前 PST

電源入らずでアウトドアにもおすすめなのが、ビール瓶を使ったキャンドルホルダー。
夜のパーティーを大人っぽく演出したいのであれば、キャンドルは非日常な空間を演出してくれるので、とってもおすすめです。ビール瓶にキャンドルを飾って並べるだけでフォトジェニックな空間になり、いつもに増してぐっとオシャレになります。

ビール缶アロマでリラックス~

150804_beerinterior.jpg
美味しくビールを飲んだ後、ほっこりと香りに癒されたい夜はビール缶を「アロマポット」に早変わりさせてみて。
作り方は缶きりで蓋をくり抜き、サイドにカッターで穴をあけるだけ。たった15分で自分だけのアロマポットを作ることができます。
缶はハサミで切ることができるので切り込みを入れるなど、デザインのアレンジも楽しめます。缶の上に耐熱皿を乗せて、お好みのアロマオイルを垂らせば完成です。
ついついパケ買いしてしまう海外ビール。そのまま捨てちゃうのがもったいないビンや缶は美味しく飲んだ後、インテリアライトに変身させて夏の部屋のポイントに飾ってみましょう。
インテリアライトを撮るだけで、雰囲気のあるインスタジェニックな写真に。夏の想い出の1ページとして、いつもと違う夏の夜を演出してみてくださいね。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
NEXTスーパーフードは、スイカの○○?
グルメ女子必見! B級グルメの宝庫、トルコの魅力 #飛行機王子
代打探してこい! 問題なのは「ドタキャン」することじゃない?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。