ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

国境を越えたレーベル バルべス・エージェンシー「世界中の生きた音楽を専門にしているのだ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 ニューヨーク、ブルックリンにバルべスという名の小さなクラブがある。10年以上前から“国境を超えた音楽”が好きなアーティストたちを紹介してきたクラブだ。

 同クラブのバルベス・レコードからは、チリのチコ・トルヒージョ、コロンビアのメリディアン・ブラザーズ、バルべスのオーナーであるオリビエ・コナンのペルー・サイケデリック・ソウルグループ チーチャ・リブレなどがリリースされている。

 オリビエ・コナンは 「バルべスは英語圏で思われているようにワールド・ミュージック(非西欧音楽)に特化しているわけではない。世界中の生きた音楽を専門にしているのだ。我々は、隣人の宝箱を奪い取って自分のミックスを思いつくようなミュージシャンが好きだ。ファズを使ってクンビア(コロンビアの民族音楽)を演奏し、クラベス(打楽器の一種)でロックのビートを打ち、バッハを学び、そしてブーガルーを演奏する」と述べた。

 バルべス・エージェンシーの多様なアーティストたちは広範囲にわたってツアーしており、ペドロ・アルモドバルやヴィム・ヴェンダースの映画に登場したり、『Weeds~ママの秘密』、『HOMELAND』などのテレビドラマのサウンドトラックにもなっている。

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・T.ウォーカーが「モータウン」に捧げるライブ~「MOTOWN CLASSICS」~
スモールプールズ、サマソニ初来日のシンセポップ・バンドのプレミアム・ライブに2組4名様ご招待!
ネイト・ルイス 2016年1月にジャパン・ツアーを開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。