ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロッテグループ創業家の逆襲クーデター ドラマ的抗争の顛末

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 菓子製造のロッテを中心に、ロッテアイス、ロッテリア、千葉ロッテマリーンズ、銀座コージーコーナーなどを傘下に抱え、日韓にまたがって事業を展開するロッテグループ。

 韓国ではホテルやテーマパーク、流通、精油化学などへ事業を拡大し、日韓の総売上高は5兆3500億円(2013年度)にも達し、韓国を代表する“財閥”に成長している。

 この巨大グループを一代で築き上げたのが、在日韓国人のカリスマ経営者、重光武雄(韓国名・辛格浩)氏だ。しかし、その二世である兄弟の間でいま、骨肉の争いが始まっている。

 これまでロッテグループでは、武雄氏の長男・重光宏之(韓国名・辛東主)氏が日本法人、次男の重光昭夫(韓国名・辛東彬)氏が韓国法人の経営を任され、お互い不可侵を守ってきた。

 しかし、武雄会長はすでに92歳で、健康上の問題を抱え判断能力にも衰えが見られるという。そこで起きたのが跡目争いだった。

 昨年末に、長男・宏之氏はグループ3社の取締役を解任され、今年1月には、グループの持ち株会社ロッテホールディングス(HD)の副会長の座からもはずされた。この時点で、宏之氏はロッテグループのすべての役職を失った。

 逆襲のクーデターが勃発したのは7月27日。この日の朝、宏之氏は、父・武雄氏をソウルのロッテホテル34階にある滞在先兼事務室から車椅子に乗せて極秘で連れだし、金浦空港に直行。チャーター機で日本に向かった。その電撃ぶりに、「金大中拉致事件」を思い出したほどだ。

 午後に東京に到着すると、武雄氏を連れて新宿のロッテ本社に突入し、宏之氏はその場にいた取締役に対して、「武雄会長を除いたロッテHD取締役6人を全員解任する」と宣言したのである。

 その後、武雄氏はホテルに移ったが、宏之氏が外部との接触を阻んだ。東京の自宅にいた武雄氏の妻・初子さん(宏之氏の母)がホテルを訪ねたが、会わせてもらえなかったという。

 翌28日、次男・昭夫氏が反撃に出た。緊急取締役会を招集し、「前日の解任は取締役会の決議なく行なわれた不法決定であり、武雄氏を日本ロッテ代表取締役会長から解任して名誉会長に推戴する」と提案。

 武雄氏が不在のまま採決が行なわれ、取締役会の賛成で可決された。1日にして父と兄のクーデターを弟が鎮圧。ドラマのような抗争だ。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ロッテ 創業家のクーデター鎮圧で球団身売りの可能性も?
大塚家具だけでないお家騒動 ロッテ、雪国まいたけ、赤福も
高額納税者列伝 69.7億円の元レイク会長や36.9億会社員ら

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP