ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東雲 DONG WOON from BEAST初ソロライブ開催、父から手紙のサプライズに感動の涙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本でソロデビューを果たした東雲 DONG WOON from BEASTが、8月3日に東京・豊洲PITで「Hulu『BEAST CHANNEL』LIVE 東雲 DONG WOON from BEAST ソロリリース記念パーティー」を開催した。

本イベントは、 ドンウンの日本ソロデビューミニアルバム「KIMISHIKA」のリリースと動画配信サービスHuluで人気の 「BEAST CHANNEL」のコラボ企画。

日本テレビが開催するHulu「BEAST CHANNEL」番組公開収録イベントとして、日本テレビの青木源太アナウンサーを進行役に迎え、歌だけではなく、トークやゲームなど盛りだくさんの内容でファンを楽しませた。

ドンウンは冒頭からいきなり「キミしか」を歌いながら客席から登場。ファンを驚かせたかと思うと、なんとステージのセンターを取り囲むように 「スペシャルシート」を設置。彼を間近で見られる120名(60名×2回)のファンを自らが抽選で引き当て、「アマスギルYOU」と「瞳をとじて」を熱唱した。

ドンウンの携帯電話に入っている写真を見せる「ドンちゃんズカメラ」のコーナーでは、「アマスギルYOU」と「キミしか」を作詞したマレーシアのリゾート地、コタキナバルの写真を公開。「世界一夕日がキレイな場所で、美しい景色を見ながら、みなさんに自分の経験を伝えたかった」とファン思いの姿を見せ、「ピアノを弾く姿が見たい」というファンの願いを叶えるために中学から独学で習得したピアノで、MISIAの「Everything」と韓国にて過去にプロジェクトとしてリリースしたソロ曲「In the Cloud」を聴かせた。

日本語が堪能なドンウンだが、普段行っている日本語の歌を使った勉強法をステージで生披露。日本ソロデビューに際し、オリジナル楽曲を提供してくれた絢香の楽曲「にじいろ」の歌詞の聴き取り、穴埋めする問題をスラスラと回答しファンを驚かせると、今回、ドンウンのために「キミは知らない」を作曲した絢香から「曲と真摯に向き合い、ステキに、 そして大切に歌ってくれて、書き甲斐がありました。どうもありがとう」というメッセージが届けられ、ドンウンも「絢香さんの曲のおかげで、アルバムがさらにいいものになりました」と感謝の言葉を伝え、絢香からプレゼントされた「キミは知らない」を高らかに歌った。

また、 BEASTのメンバーからサプライズとしてビデオメッセージが届けられる と、ファンも大喜び。「ドンウンを見ている日本のファンの幸せな顔を見ると、僕も幸せになる(ヨソプ)」、「ひとりで日本に行っているが、いい思い出、いい時間を過ごしてほしい。近いうちにBEAST全員で日本にいきたい(ドゥジュン)」と、日本で頑張っている末っ子にエールを送ると、「一緒にいたのに、メッセージを撮影したのを知らなかった。でも、サプライズというから、絢香さんが来てくれるかと思った……」とファンを笑わせると、さらなるサプライズとしてドンウンの父からの手紙が届けられた。

手紙が届けられると、その深い愛がこもった熱い応援の言葉に涙がこぼれ、「今まで気持ちを伝えたことがなかった。今日、来てくれている家族にありがとうと伝えたい。 愛しています」と伝えると、会場からも暖かい拍手がわき起こり、続けて歌った絢香のカヴァー楽曲「ツヨク想う」を歌う途中で涙が溢れる場面も見られた。

後には「今日、心から感謝しています。僕には忘れられない思い出になりました。これからもみなさんに、忘れられない思い出を作ってあげるから、いつまでも一緒に行きましょう!もっと見せたいものがあったけど、それは次のコンサートで。これからも一緒に笑えて、一緒に泣ける音楽をやっていきたいです。応援してください」と力強い言葉をファンに残した。

このイベントの模様は、8月31日より動画配信サービスHuluの「BEAST CHANNEL」で順次配信される予定。

放送情報
Hulu「BEAST CHANNEL LIVE 東雲 DONG WOON from BEAST ソロリリース記念 パーティー」
放送日程:2015年8月31日
Hulu公式サイト:http://hulu-japan.jp/

関連リンク

BEASTオフィシャルサイトhttp://www.beast-beauty.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP