ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

How to Pastel Goth ーパステルゴスのABC

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

ファッションカルチャーの中で確たるポジションに確立している『ゴシック系』ファッションが変化を遂げている。新たな時代の流れを汲んだ『パステルゴス』は、ゴシック系ではスタンダードとなる黒や赤などといったダークな色のかわりに、淡いグリーンやピンク、アイスブルーといった対照的なカラーを効かせて幻想的なムードを表現したスタイル。色味の鮮やかさから、基本のゴシック系ファッションに比べて、普段のファッションのインスピレーションにもなるのでゴスじゃなくても知っておいて損はなし。今すぐ真似したいパステルゴスのスタイルをチェック!

 

 

1 パステルゴスに不可欠なのがパステルヘア。原色はパンクっぽくなりがちなのでホワイトやアイスブルー、ベイビーピンクといった薄く透けるニュアンスを楽しむヘアカラーにするのがおすすめ。ブルーとピンクなどの対照的なカラーも自然になじんで美しく仕上がる。ゴスロリの定番ツインテールや厚めのバングスもパステルカラーだと新鮮に写る。

 

 

 

2  リップや眉をダーク系のカラーでしめ、アイメイクは黒く、濃く、強調することで、ゴシック系ファッションのムードが演出しやすい。まつげや眉のカラーも流行っているので白やパステルカラーも加える人も。バングスを作ると目元がより強調される。

 

3  ファッションは黒とパステルカラーでまとめるのが基本。足元はプラットフォームシューズやラバーソールで。スニーカーデザインで軽快に仕上げる人も増えている。黒をメインにしてもハイトーンのヘアなら重くなりすぎないが、パステルカラーでまとめるのも今っぽい。

 

 

4 シャツやタンクトップのシンプルな格好でも簡単にゴシックのムードをまとえるアクセサリーは必要不可欠。ハードなデザインのチョーカーやピアスをあえて淡い色と合わせることによって、より印象的なスタイルが作れる。モチーフにはゴスの代名詞、バラやクロスがおすすめ。

 

 

 

 

 

文 吉武若菜/text  Wakana Yoshitake

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。