ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コワイけど美しい!食虫植物の神秘的な世界を捉えたフォト作品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食虫植物の一種であるモウセンゴケ

気持ち悪い!と思うかもしれないが、英語では「太陽の露」を意味するSundewと呼ばれたり、学名のDroseraはギリシア語の露が語源であったりと、その美しさは知る人ぞ知るもの。

フィンランド人の写真家、Joni Niemelä氏もモウセンゴケの美しさに魅せられたひとり。

撮影には、被写体を拡大できるマクロレンズを使用。

そっと近づいて見てみると、虫を捕らえる粘液は、まるで朝露のようにキラキラと輝いている。

その繊細な表情には、思わずうっとりしてしまいそうだ。

このモウセンゴケをテーマにした「Drosera」というシリーズは、世界中で高い評判を得ている。

現在は「Otherworldly Blues」と題された、青を基調にしたさらに神秘的なシリーズを発表。

公式サイトには、モウセンゴケ以外にも、雪原やオーロラをテーマにした写真も掲載。

どれも神秘的で美しい写真ばかりなので、興味のある方はチェックしてみては。

joniniemela.com
http://www.joniniemela.com/

写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP