ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レッド・ツェッペリン、最新リマスタリング・シリーズ2作がオリコンTOP10入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジミー・ペイジ監修による、レッド・ツェッペリンの最新リマスタリング・シリーズの最終章として、「プレゼンス<リマスター>」「イン・スルー・ジ・アウト・ドア<リマスター>」「コーダ(最終楽章)<リマスター>」(7月31日発売・ワーナーミュージック・ジャパン)の後期3タイトルが一挙発売され、8月10日付オリコンアルバムランキング(集計期間:7月27日〜8月2日)に3作品がランクイン。

後期ツェッぺリンの最高傑作といわれ全米1位になった「プレゼンス<リマスター>」が1.0万枚を売り上げ8位となり、同シリーズでは最高順位となった。また、「コーダ(最終楽章)〜」は0.9万枚で10位、」「イン・スルー・ジ・アウト・ドア〜」は0.9万枚で11位となった。

同一アーティストによるアルバムTOP10内2作同時ランクインは、2015年4月13日付のEXO「エクソダス(韓国語バージョン)」(4位)、「エクソダス(中国語バージョン)」(7位)以来4ヵ月ぶり。レッド・ツェッペリンとしては、2007年12月3日付の「マザーシップ〜レッド・ツェッペリン・ベスト」(7位)と「永遠の詩(狂熱のライヴ)〜最強盤」(10位)以来、7年8ヵ月ぶりとなる。

関連リンク

レッド・ツェッペリン オフィシャルサイトwww.ledzeppelin.com
レッド・ツェッペリン ワーナーオフィシャルサイトhttp://wmg.jp/artist/zeppelin/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP