ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イ・ジョンヒョン(CNBLUE)初の日本単独ファンミーティング開催、2回公演で約1万人を動員

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イ・ジョンヒョン(CNBLUE)初の日本単独ファンミーティング開催、2回公演で約1万人を動員

CNBLUEのボーカル兼ギタリストのイ・ジョンヒョンが8月2日、東京国際フォーラム・ホールAにて日本で初となる単独ファンミーティング「1st FAN MEETING IN JAPAN~Burning STUDIO II~」を開催。昼・夜公演で約1万人のファンを魅了した。

記念すべき初のファンミーティングはジョンヒョン作詞・作曲の「IRONY」で幕を開けた。かけていたサングラスを取った瞬間、会場からは悲鳴にも似た歓声が上がる。「こんなにたくさんのファンの皆さんに来ていただけるなんて、思ってもみなかったんです。楽しいですね!」と笑顔を見せると、続けて本人も非常にお気に入りだという「Blind Love」を歌いあげる。

「高校の時好きだったんです。チャンスがあれば、歌ってみたくて」と尾崎豊の「I LOVE YOU」の韓国語バージョンや、中島美嘉の「桜色舞うころ」を日本語で披露。さらに新潟でのライブ時に流れ星を見ながら作ったという「Starlit Night」では、「一緒に歌いましょう」と客席にマイクを向けると、会場にファンの歌声が響き渡る。

ミニライブ終了後のトークコーナーでは、ジョンヒョンの人生上のターニングポイントを年表パネルで振り返りながら、この日MCを務めたYumi氏との軽快なトークに、大きな笑い声が起こる。「ドラマ『紳士の品格』に出演してから、色々と考え方に変化があって。音楽はずっと僕にとって”仕事”だったんですが、それが段々プレッシャーになっていって…。でもそれが、仕事ではなく、”趣味”に変わっていったんです。そうしたらすごく楽しくなったんです」と、真剣な面持ちで音楽感の変化を語るなど、CNBLUEとしての活動ではなかなか見ることのできない”素顔のジョンヒョン”を垣間見ることのできた時間となった。

さらに今後の目標については、「エリック・クラプトンを見て、アーティストを目指そうと思ったんですけど、彼のように、誰が見ても“イ・ジョンヒョンっていい人だ”って思ってもらえるようになりたいです」と語った。

続いて繰り広げられたのは、音楽、ドラマ、そしてバラエティーなど、多様な分野で活動する彼の姿をまとめた“ジョンヒョンの萌える名場面集”。映像が流れ始めると、リハーサルでも見なかったサプライズ映像だと、照れた表情を見せていた。

またジョンヒョンに関する「○×クイズ」では、公式プロフィールよりも太っているか、という質問に、実際にステージ上に体重計が登場、公開測定を行ったり、指の長さを図るなど“今のリアルなジョンヒョン”を包み隠さず伝えると、今の携帯の待ち受けについて、「今の待ち受けはバッドマンなんですけど、ミンヒョクが送ってくれたものなんです」と、メンバー間の仲の良さもうかがわせた。

クイズの優勝者にはジョンヒョンから、ドラマ「紳士の品格」の挿入歌「ネサランア」の歌がプレゼントされ、ラストステージでは、CNBLUEのライブステージでもおなじみのアンコールソング「voice」を歌いあげる。また、夜公演ではファンの声援に応え、Wアンコールで「Blind Love」を披露、初の単独ファンミーティングを成功裏に終えた。

また、9月30日にはCNBLUE通算4枚目となるアルバム「colors」をリリース、11月3日からは、長野ビッグハットを皮切りに、「CNBLUE 2015 ARENA TOUR ~Be a Supernova~」をスタートさせる。

関連リンク

CNBLUE オフィシャルサイトhttp://cnblue-official.jp/
CNBLUE オフィシャルファンクラブ「BOICE JAPAN」http://fc.avex.jp/boice/?ad=cnn0212

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。