ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

派遣先には連絡していたのに無断欠勤扱いで解雇!これって許される?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

派遣先には連絡していたのに無断欠勤扱いで解雇!これって許される?

Q.

 派遣社員です。体調不良で1週間ぐらい休みました。欠勤の連絡は派遣先にしていましたが、派遣元には連絡していませんでした。
 派遣元は無断欠勤したのだから解雇だというのですが、派遣元のほうから出勤確認があってもよいと思います。また、解雇するのだとすれば、事前に自分にも話があってしかるべきではないでしょうか。これって、不当解雇ではないですか?

(30代:男性)

A.

 労働契約法16条は、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」と定めています。
 この規定は若干抽象的ですが、具体的には、本人の反省の有無やその程度、これまでの勤務状況、業務への支障の程度等々の事情を総合的に判断して、解雇権の濫用となるかどうかが決せられます。また、労働者に対して、注意をし、指導をして改善の機会を与えることが求められるべき場合もあります。

 ご相談の場合、体調不良を理由とする欠勤の連絡を派遣先にしており、本来の雇用主である派遣元にはなされていません。しかし、派遣先に連絡をしている以上、誰にも何の連絡もしないという意味での純粋な無断欠勤であると判断することはできないと考えられます。

 また、その他の具体的な事情が分かりませんが、このように純粋な無断欠勤ではないと考えられる以上、使用者である派遣元としては、あなたから具体的事情を聴取するなどした上で、注意をしたりしなければならないと評価することも十分に可能です。

 したがって、解雇事由に相当する無断欠勤となるのか疑問であること、手続的に事情聴取がなされないまま解雇を宣告されていることからすれば、解雇権の濫用として、不当解雇となる余地が十分にあると思われます。

元記事

派遣先には連絡していたのに無断欠勤扱いで解雇!これって許される?

関連情報

不起訴通知書をもらうことはできる?(なっとく法律相談)
消せるボールペン(想うままに ー弁護士日誌から)
会社を休みたいからって診断書を偽造すると・・・?(今週の話題 ~法律はこう斬る!)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。