ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会社でバリバリ働くつもりがなかったら… 就活と並行で「婚活」する選択肢もありかも?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今の時代、大学を卒業したら女性も就職するのが当たり前――。ほとんどの人がそう考えていると思います。「女性の管理職が増えている」「産休・育休制度が充実」という言葉も、会社説明会に行くとよく耳にします。

その一方で、社会人になった後で考えると、学生時代に就活と並行して「婚活」するのもアリだったかな、と私は思います。会社でバリバリ働きたいと思っていない、できれば早く結婚して子供を産み、時間に自由のきく仕事で働きたい・・・・・・。統計を取ったわけではありませんが、こんな女性、結構多いと思うんです。(文:ユズモト)
結婚で「仕事の方向性」が定まる場合もある

寿退社が決まった女性は退社までの間、先輩女子社員たちから羨望と嫉妬が混じった冷たい目で見られるという変な慣例が存在する会社もあります。本当に「ずっと正社員として仕事がしたい」と思っているなら、このような現象は起きないはずですよね。

「いまどき専業主婦なんて」
「まともな職歴も作らないうちに結婚して、将来どうするの?」

なんて言う人もいそうですが、女性の場合、結婚しているからこそ仕事の方向性が定まる場合もあると思うんです。

結婚したら家事育児の両立を考え、契約社員や派遣社員を選択してもいいかもしれない。何か手に職をつけて、子育てをしつつ在宅で稼ぐのもいいかもしれない。

いずれも独身のうちには挑戦に踏み出しにくいですよね。専業主婦になるのも、昔に比べると今時は難しいのかもしれません。でも結婚相手がそれでいいと言うのであれば、それは素敵なことだと思います。

「自分にとっては就職よりも、結婚の方が重要かな」と思う人は、いまから結婚相談所に登録するとか、親の知り合いに相談しておくのもアリかも知れませんよ。

もちろん、「働きたくないから養ってくれる寄生先を探さなくては」という理由で婚活しても良い人には巡り合えないと思うので、「一緒に幸せになれる人を探すんだ!」という前向きな気持ちで取り組むようにして下さいね。

あわせてよみたい:早婚は上司からの評価があがる?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP