ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ネガティブ」からあなたを守る16の方法。役立つものから、意外なものまで!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「なんだか最近ツイてない…」「私、負のオーラが出ている気がする」

きっと、誰にでもそんな時期があるはず。でも、実はネガティブな気を寄せ付けない方法があるみたいです!
これから紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された記事。なかには「そんなもので!?」と思ってしまうものも含まれています。

私たちは、どのようにして自分がネガティブな影響を受けていると気づくのだろうか?

・特に理由がなくても気分の落ちこみを感じてしまう。(客観的には落ち込んでいるようには見えないが)
・特に理由もないのに、ひどい頭痛に悩まされる。
・突然ひどい疲労に襲われ、睡眠障害でないにも関わらず昼寝をしたくなる。
・自分に必要なものでも、補給することを拒む。(お腹が空いているのに食べないなど)
・ウイルスにかかったように、喉が乾く。(体に充分なエネルギーが足りていない時の反応)これは、自分自身で気づくことが必要。
・家に施錠するのを忘れたり、車の中に鍵を忘れたり、大事なものをなくしたり盗まれたりする。
・メールを正しく送ることができない。
・誰かに対して、または過去に起きたことに対してネガティブな考えを抱いてしまう。
・自分を大切にしない行動をする。例えば、必要のないものを購入するなど。

例を挙げればキリがない。周囲の誰かによる強いネガティブなエネルギーや、ひどいストレスによって、自分が弱ってしまうように感じるのだ。さらに、そこに他のネガティブなエネルギーが加われば、自分は2倍も3倍も弱くなってしまう。
自分がネガティブなエネルギーを受けていると感じたら、自分の頭と身体をハッキリさせるために、以下の方法を使うようにしている。そうすれば、誰もあなたにマイナスなエネルギーを押し付けることなどできない。

01.
頼れる“誰か”へ
繰り返し助けを求める

私たちは、よくない人やエネルギーから貪り尽くされるために、他人と関わりあって生きているのではない。
守護天使ミカエルは、強い保護力を持っていたと言われている。あなたはミカエルにこう言うことができる。「ミカエル様、助けて下さい。私のところへ来て、悪い人たちとの繋がりを断ち切って下さい」と。自信を持つことができるまで、この言葉を必要なだけ繰り返すのだ。自分なりにアレンジを加えてもいい。ミカエルである必要はないので、神や大天使など自分が繋がりを感じる存在に願うようにしよう。

02.
大きな声で
自分の意思を叫ぶ!

両手を胸にあて、自分の意思を大きな声で叫ぼう。紙に書いて、燃やす方法でも構わない。できるだけ大きな声で、自分の意思を繰り返し言うように。
私たちは、喉のチャクラから力を得たり失ったりする。発言によって意思を明確にし、自分を守るのだ。

03.
ネガティブなエネルギーを
あくびが追いやる

したいと思っていなくても、疲れて昼寝をする時のようにあくびの動作をしてみれば、あくびが続けて出ることに驚くはず。エネルギーや神への助けを求めるために声を出し、強い抵抗の気持ちを決意した後、すぐにこの動作を行う必要がある。

04.
祈りの言葉を何度も唱える

ここに一例を挙げる。

私は、すべての生き物や肉体的には存在していない何かが、愛以外の意図を持って、体、心、魂、エネルギーに入ることを拒絶する。私はいつかどこかの場所で、意図的に、または気づかないうちにした「喜びを妨害するすべての誓いや契約」を破る。私は、過去から今までのすべての経験で行ったこうした誓いを破る。これらのマイナスな人々やエネルギーが、すぐに私の空間から去っていくことを求めている。どのようなパワーも、私の上に立つことはできない。これらのエネルギーが、自分の元へと戻ってくることがないよう、私の自由と意思の周囲に防護壁を作り守ってくださることを神様へお願いする。

他の方法とも組み合わせ、この文章を何度も繰り返し大きな声で言おう。自分の右手を優しく喉の上におき、祈りによる震えを感じるのもいいだろう。自分の好きなように、祈りの言葉を変えても構わない。

05.
バックミュージックには
ドラム音楽を

家にドラムがなくても、心配することはない。YouTubeにはアフリカやネイティブ・アメリカンなどのドラム音楽がたくさんアップロードされている。ここで紹介する方法を試す時、このようなドラム音楽をバックミュージックとして流すようにしてみてほしい。効果がないと感じた場合は、木製のデスクやテーブルなどを叩き、自分でドラムのリズムを生み出そう。

06.
エネルギーを発散するために
マラカスを振る!?

マラカスなどの音が鳴る道具が家になければ、空になったプラスチックのドリンクボトルにコインを入れて、自分が好きなように振ろう。歩きながら振ると、より効果的だ。

07.
「セージ」を掲げ
ネガティブなエネルギーを外へ

「セージ」は、この方法に最も適したハーブだとされている。しかし、ローズマリーでも代用が可能だ。セージに火を灯し、あなたの体に当てよう。体にある7つのチャクラすべてに当てるようにしてほしい。足の部分も忘れないように。
火のついたセージを持って、家全体を歩こう。匂いや、マイナスなエネルギーが外へ出て行くように窓を開けて。もし、あなたがお金の問題を抱えているのなら、セージを財布にも当ててみてほしい。コンピューターの調子が悪い場合や、不要なメールを多数受け取る場合も、同じようにコンピューターに当てる。電化製品はあなたが悪いエネルギーを受け取っているという兆候を示すことになる。

08.
レモンやオレンジの皮を焼く

チーズカッターなどを使用し、レモンやオレンジの皮をスライスしてフライパンに入れ、焼こう。非常に心地よい香りを放ち、あなたの中にある不安を取り除いてくれる。

09.
不安な気持ちを解消!
ロウソクを灯す

一つのロウソクを灯すことで、不安な気持ちを減らすことができる。足りないと感じる場合は、あなたの気分に合わせて増やそう。私は、非常時に使う白いロウソクを自宅で使用し、心が落ち着くまで燃やし続ける。

10.
“塩の力”で体を洗い流す

これは「プラシーボ効果」と呼ばれている。温かい水の中に海の塩を適量入れて飲む。またはお風呂に温かいお湯を用意し、海の塩を入れる。バスタブがない場合は、シャワーを使っても大丈夫。海の塩が入った水は、ネガティブなエネルギーをあなたの体から流し出し、母なる地球へと戻してくれるはず。

11.
笑うことの効果は
幸せを呼ぶだけではない

笑いは、幸福だけでなくマイナスなエネルギーを打ち消すことにも効果的。喜びはマイナスの影響をキレイさっぱりと打ち消してくれる。もし、あなたがマイナスの影響を受けているとしたら、笑うことも難しいかもしれない。そんな時は、YouTubeなどで面白い動画を見よう。コメディーなどを見て、思いっきり笑うのだ。

12.
健康的でおいしい食事を
自分で作る

血糖値が下がった時のように、ふらつきやよろめきを感じている場合は、タンパク質を摂取しよう。健康的で、自分がおいしいと思う食事を作る必要がある。
もし、きっちりと作るエネルギーが残っていない場合は、簡単な食事にピーナッツバターをスプーン数杯入れて食べるように。

13.
“8の字”を描くように
両腕を回転させる

この動作は、上で述べたドラムの音と合わせて行うべき。オーケストラの指揮者のように、両腕を8の字を描くように回転させる。下から上、そして上から下へ回転させよう。4方向すべてに手を動かしていることを確認し、この動作を最低3分間行う。

14.
水の入ったグラスを見つめる

グラスに水を注ぎ、自分の中にある不安な気持ちが、この水に吸収されるという意識で見つめよう。気持ちがはっきりと自由になるまで、水に意識を集中させる。終わった後はその水をトイレに流すか、庭にまこう。

15.
子どもに戻ったように
軽快なスキップを

上記で述べたように、ネガティブなエネルギーから自分を守るのに、喜びは大変効果的。鬱病や怒りの気持ちに対抗するため、子どものようにスキップを3分間以上行おう。目覚めて気分が悪かった時や、振り払うことのできないような悪夢を見た時に行うと効果的だ。

16.
楽しい気持ちで手を叩く!

どのようなものからでも、音は作り出せる。喜びにあふれた歌やメロディーに合わせて手を叩こう。そして、歩き回ろう。どの動作も、あなたの気分を上げ、ネガティブなエネルギーを払拭してくれる。そうすることで、あなたは自由に喜びを享受することができるのだ。

Licensed material used with permission by Expanded Consciousness

関連記事リンク(外部サイト)

メンタルを強くしたい人が覚えておくべき「15のコト」
不安を克服する、3つのコツ。「ピンクの球体」や「風船」をイメージしよう
不幸な人に共通する「7つの習慣」。幸せを遠ざけているのは、あなた自身です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP