ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スマホの容量不足を解消!自動で不要な画像を識別する「Gallery Doctor」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Gallery Doctor

「写真や動画撮影は、全てスマホでやっている」そういう人も珍しくない時代になった。

スマホ自体の性能の向上に加え、今ならアプリを使えば簡単に写真をハイクオリティに加工したり、撮影した写真や動画をすぐに友達に共有することができる。

一方、スマホで毎日のように写真を撮るという人の中には、“ストレージの空き容量不足”の問題に頭を悩ませている人も少なくないのではないだろうか?今回はそんな人たちに「Gallery Doctor」というアプリを紹介したい。

・自動で不要な画像を識別してくれる賢いアプリ

「Gallery Doctor」はその名の通り、iPhoneやiCloudに保存されている画像を診察し、不要な画像を探して出してくれるアプリだ。

ぼやけた写真や薄暗い写真、質が悪い写真はもちろん、似通っている写真やあなたが退屈そうに写っている写真を自動で認識してくれる。

・スワイプで不要な画像はサクサク削除!

Gallery Doctor_2

不要な可能性があると診断された画像に関して、ユーザーは1つ1つレビューをしていく。

1枚ずつ画像が映し出され、左にスワイプしたら消去、右にスワイプしたら保存といった形で、スワイプ操作を使ってサクサク画像の削除ができる仕組みだ。

ストレージの容量不足の問題を簡単に解決してくれるこのアプリ。2.99ドルと有料ではあるものの、この問題に悩んでいる方はチェックしてみてはいかがだろうか?

Gallery Doctor

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。