ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今井舞氏「フジ局員は本当の意味で危機感など持っていない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月25~26日に放送されたフジテレビ『FNS  27時間テレビ2015』の平均視聴率は10.7%。「本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん」などをキャッチコピーにしたものの、空回り。1987年に番組がスタートして以降、歴代ワースト3となる大惨敗となった。

 番組ディレクターがバンジージャンプに挑んだり、司会のナインティナイン・岡村隆史が60分間延々とダンスを踊るなど内輪ウケ狙いの企画も多く、加えて平成ノブシコブシの吉村崇が愛車BMWを踏みつけて破壊し批判殺到の事態をもたらすなど、評判は芳しくなかった。

 悪ノリが過ぎて、問題となった演出もあった。番組中、出演者やスタッフが着ていたTシャツに書かれたロゴ〈NO FUN NO TV DO HONKY〉もそのひとつ。“本気”に引っかけたつもりのHONKYはアメリカでは「黒人が白人に対して使う差別用語」だった。コラムニストの今井舞氏が呆れる。

「ロゴを日本語に訳すと、“面白くない! テレビ要らない! クソ白人をヤれ!”になる。帰国子女も少なくないはずなのに、どうして社内チェックをすり抜け、テレビ画面に“放送禁止用語”が映し出されるに至ったのか不思議でなりません」

 シャレで済まなかったものもあった。平成ノブシコブシの吉村崇が、芸人たちに「バカやろうぜ!」と煽られ、2000万円もする愛車BMWを踏みつけて破壊する演出には批判が殺到。後日、吉村が「車好きの皆さん、申し訳ございませんでした」と謝罪したことで騒動はようやく沈静化した。

 笑えなかったのが、番組内で明石家さんまが低迷するフジの視聴率を心配した発言をした際、ケラケラとフジ社員が哄笑。それを見咎めた中居が「笑い過ぎ!」と注意した一幕だ。

「フジの局員らは本当の意味で危機感など持ち合わせていないのでしょう。“ピンチをチャンスに変える”“本気になれなきゃテレビじゃない”といった番組キャッチコピーも内輪ネタのひとつ。そう考えると、岡村のいつまで経っても終わらないダンス映像など、“視聴者置いてけぼり企画”のオンパレードもすべて納得がいきます」(前出・今井氏)

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
過激昼ドラ『幸せの時間』苦情殺到で性描写が質・量とも減少
『いいとも』TBSに敗れ局内から「もう潮時か」の声噴出
10年前との視聴率比較でテレ朝以外低調 日テレとフジ2%減

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP