ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甲子園で18回投げた太田幸司氏 「タイブレーク導入は反対」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1969年夏、東北勢として戦後初めて決勝進出を果たした三沢高(青森)と松山商業(愛媛)の熱戦は延長18回と、翌日の再試合を三沢高校の太田幸司選手が1人で投げ抜き準優勝。美少年エースの熱投に日本中の女性ファンが熱狂し、太田は“コーちゃん”の愛称で女子高生から絶大な人気を誇る「元祖・甲子園のアイドル」となった。太田氏が、プロ入りしてからの苦悩、人気に火をつけた甲子園での決勝戦について振り返った。

 * * *
 甲子園での人気は、近鉄に入団した当時は重荷でした。1年目は1勝しか挙げていないのにオールスターのファン投票では大差で1位。2年目は勝ち星がないのに1位だった。これほどファンを恨んだことはない。投票結果を見るたび、もっと野球をわかってよと思いました。

 入団当時の私は真っ直ぐと曲がらないカーブしか投げられなかった。2~3年はしっかり鍛えてと思っていたが、マスコミが『殿下』のニックネームをつけて勝手に盛り上げてくれた。それで2年目に成績が伴わないと「人気先行」と叩いてくる。たまらなかったですね。

 実は私は、プロ入り後はほとんど喋りませんでした。元々人前で喋るのが苦手だったのもあるが、間違ったニュアンスで書かれるのが嫌だったからです。これも甲子園で騒がれたことの反動だったのかもしれません。

 甲子園でのピッチングがベストという思いが強く、人気と実力の大きな落差に悩んだ。2年目にはボールがホームベースに届かないイップスになってしまった。オフには野球を辞めようかとまで思い詰めました。

 でもそんな時、「甲子園は忘れろ」と先輩からアドバイスをもらい、フォーム改造をして球種を増やした。迎えた3年目のオールスター、甲子園で先発して江夏(豊)さんと投げ合い、新しく覚えた変化球でON(王貞治・長嶋茂雄)を打ち取ったんです。これが自信になってその後は勝ち星を増やせた。この時、自分の野球人生におけるすべてのきっかけは甲子園にあるんだと痛感しましたね。

 今も思うのですが、できれば再試合ではなく、決着がつくまで何回でも投げさせてもらいたかった。延長になってからのほうが調子が上がっていたんです。疲れ切って力が抜けた分ボールが伸びていた。結局、あれ以上のピッチングはプロに入ってからもできませんでした。

 最近、甲子園でのタイブレーク方式(延長に入った規定の回で同点の場合、次回以降は得点が入りやすいように走者を置いた状態から攻撃を始める制度)の導入を検討しているというが、私は反対です。野球に青春の全てをぶつけてきた選手が、最後にタイブレークで決着がつくことに納得すると思いますか。

 私は18回を投げた翌日は、背中に鉄板が入っているように感じて布団から出るのも辛かったが、マウンドに上がりたくないとは微塵も思わなかった。選手がボロボロになるまで死力を尽くして戦うから、甲子園は感動を生むのではないでしょうか。

●太田幸司(おおた・こうじ):1952年、青森県生まれ。1968年夏、1969年春・夏と3大会連続で甲子園出場。1969年夏は松山商と決勝での延長再試合の死闘を繰り広げる。プロでは近鉄、巨人、阪神で活躍。

※週刊ポスト2015年8月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元甲子園のアイドル・ドラ1投手がプロで大成しなかった理由
昨夏甲子園出場時の弘前学院聖愛 5投手駆使して強豪を翻弄
渡辺久信 高校3年の夏は自分の押し出しにより県決勝で敗退

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP