体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボブ・ジェームス×ネイザン・イースト、初デュエットアルバムの日本盤が世界先行発売決定

音楽界における巨人、ボブ・ジェームスとネイザン・イーストがデュオとして初のアルバム『The New Cool』をリリース! その日本盤が9月9日、本人インタビューによる日本語ライナーノーツやボーナストラックを収録して世界先行発売されることとなった。

Bob James and Nathan East (okmusic UP's)

伝説的なピアニストであるボブ・ジェームスと、世界最高峰のベーシストと言われるネイザン・イースト。Fourplayのメンバーとしても活躍する最強の2人がデュオとして初のコラボレーション作品を制作、まったく新しいジャズの境地を切り開いた。大胆で予測不能なオリジナル楽曲の数々とスタンダード楽曲のカバーを聴けば、この2人のアーティストについてまだまだ知らないことがあったのだと思い知らされるだろう。

ナッシュビルのヤマハ・エンタテイメント・グループのスタジオでレコーディングされた作品は、2人のピアノとベースによる演奏が中心でありながら、オーケストラのバックアップが楽曲をドラマティックに彩っている。さらにゲスト・ボーカルとしてアメリカのカントリー界を代表するアーティストであるヴィンス・ギルが参加して、つやのあるボーカルを聴かせているほか、パーカッショニストのラファエル・パディラやドラマーのスコット・ウィリアムソンなど、豪華なミュージシャンがそれぞれの楽曲に表情を加えている。

ネイザン・イーストは、「何年にもわたってボブと2人でデュオとしての冒険を積み重ねてきたから、今回のプロジェクトには特別な感慨があるんだ。僕はずっとピアノとベースが共につくる音が好きで、ビル・エヴァンス&エディー・ゴメス、キース・ジャレット&チャーリー・ヘイデンのような偉大なデュオ作品に親しんできたんだ。『The New Cool』は僕たちの25年以上にわたる友情の記念碑でもある。ヤマハ・エンタテイメント・グループとプロデューサーのクリス・ジェロがこのコラボレーションを支え、しかもさらに上のレベルにまで引き上げてくれた。」と語っている。

一方、ボブ・ジェームスは、「25年以上にわたる彼とのライブ・パフォーマンスを経て、私はネイザンとプレイすればするほど、彼とシンクロしてぴったり息があっていくのを感じるんだ。ドラムがあろうがなかろうがね。呼応するものがお互いの音しかなくて、音楽がすべてさらけ出されるとき、何か特別なことが起こるんだ。」と話した。

至高のクール・ジャズ。これまでにない作品を作り上げたボブ・ジェームスとネイザン・イーストはこの夏、そそれぞれソロとして、またFourplayとして来日予定となっている。

『The New Cool』トレーラー映像
https://youtu.be/FgEpeCcDtCE

『Making of “The New Cool”』映像
http://youtu.be/LSQNGzosD0c

アルバム『The New Cool』
2015年9月9日発売
YCCW-10264/¥2,500 + 税
<収録曲>
01. The New Cool
ザ・ニュー・クール
02. Oliver’s Bag
オリヴァーズ・バッグ
03. All Will Be Revealed
オール・ウィル・ビー・リヴィールド
04. Midnight Magic / Love Me As Though There Were No Tomorrow
ミッドナイト・マジック / ラブ・ミー・アズ・ゾウ・ゼア・ワー・ノー・トゥモロー
05. Crazy (feat. Vince Gill)
クレイジー(フィーチャリング・ヴィンス・ギル)
06. How Deep Is The Ocean
ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン
07. Canto Y La Danza
カントォ・イ・ラ・ダンツァ
08. Waltz For Judy
ワルツ・フォー・ジュディ
09. Seattle Sunrise
シアトル・サンライズ
10. Ghost Of A Chance
ゴースト・オブ・ア・チャンス
11. Turbulence
タービュランス
12. Memories Of You
メモリーズ・オブ・ユー
※日本盤ボーナストラック

■Amazonページ
http://www.amazon.co.jp/dp/B01148V26W

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。