ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山でマリンスポーツ!?「人工サーフィン」が楽しめる巨大施設が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

雄大な自然に囲まれた、英国・北ウェールズの小さな町Dolgarrog(ドルガルログ)で、昨日オープン迎えた“最新施設”が話題となっている。

その施設とは「Surf Snowdonia(サーフ・スノードニア)」という名の“人工サーフィン場”。

2007年に閉鎖した産業用地に残された廃棄物を排除した後、およそ12か月の歳月をかけて“人工ラグーン”が建設されたという。

ラグーンの広さは、サッカー場6個分ほどの広さがあり、周りはスノードニアの美しい山々に囲まれ、新鮮な空気に満ちている。

約2mクラスの波が、ラグーンの中程から現れ、およそ150mの距離を使ってサーフィンにトライ!

人工といえども、波はかなり本格的だ。

コースは“フリーサーフィン”や“サーフ・レッスン”以外に、“クラッシュ&スプラッシュラグーン”、巨大浮き輪「THE BLOB(ブロブ)」を使った“ジャンピング”など、子どもから大人まで楽しめるアクティビティが満載。

 

また、施設内にはカフェやレストランも併設されており、お腹が空いたらここで豊かな景観を眺めながら休憩することもできる。

1日中遊び疲れたら、施設内にある宿泊用ロッジへ。

ここには全144棟の小型ロッジがあり、それぞれのロッジ内には、シングルベッドが2台と小さめのダブルベッドが1台用意されている。

ロッジ1台のレンタル料は1泊100ポンド(日本円で約1万2000円)とリーズナブルなうえ、カフェバーでの朝食まで付いているそう。

“海のアクティビティ”と“山のキャンプ”がいちどに体験できる、なかなかユニークなこの施設。

夏休みの予約も、オフィシャルサイトからブッキング可能なので、まずはサイトをチェックしてみて!

Surf Snowdonia
http://www.surfsnowdonia.co.uk/

旅行(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP