体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一筆入魂!達人が描くマヨアートに酔いしれる! @『おかる』大阪 千日前

そして大事な事なので書いておきますが、備え付けの“調味料ポットは店員さんが使う為のモノなので、触ってはなりません。
『おかる』は最初から最後まで作ってもらうスタイルなのです。

『豚玉』を食す!

okaru-13_R

そして実食!
ちなみに今回のマヨアートは“通天閣タワー”で御座います。サイドの“大阪”の文字も含めて関西推しです。
そう言えば、店を改装する前に訪れた時は“筋肉マン”だったので、特に“大阪”縛りでマヨアートを行っている訳では無い模様。

okaru-4_R

肝心の『豚玉』の味の方ですが、いわゆる“お好み焼き”としてベーシックな感じで御座います。
特に山芋を使ってふっくら焼くとか、牛乳を使ってコクを出すなどの小技は使わず、ストレートに生地の旨さとマヨアートで勝負です。

okaru-5_R

やはり『おかる』の『豚玉』は落ち着きますね。まさに“お好み焼き”のド真ん中って味で、時代に流されない『おかる』の姿勢に好感が持てます。

『おかる』 総評

okaru-11_R

あと、比較的どうでも良い事ですが、改装された事で“座席スペース”が少しだけ広くなったと感じました。
以前は椅子と言うか腰をかける部分の幅が超狭く、背もたれと言うか壁も直角で
「座高を測定してるフィーリング」
があり、お好み焼きに集中出来ない自分が居ました。まあ、今も決して快適とは言えませんが、とりあえず身長175cmでも不自由なく“お好み焼き”を食べる事が出来ます。
あとは“お好み焼きには手出し無用!”とか“お好み焼きクラッシュ”とか色々ありますが、それらを含めて『おかる』の“お好み焼き”なのかと思います。
それでは、みなさんも是非『おかる』に訪れてみて下さい。特にマヨアートに関しては世界一と思われるので、必見かと思いますよ。

『おかる』

大阪府大阪市 中央区千日前 1-9-19

営業時間 12:00~15:00 17:00~22:30

定休日:木曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。