ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一筆入魂!達人が描くマヨアートに酔いしれる! @『おかる』大阪 千日前

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

大阪に来たものの、さして“お好み焼き”の店に触れない筆者ですが、正直言って“お好み焼き”は大好きです。
と、言う訳で書かないと見せて実は書くみたいな感じで、ちょいちょい『おかる』について書いてみましょう。

昭和21年創業の老舗『おかる』

大阪には数えきれないほどの“お好み焼き”の店がありますが、その中でも『おかる』は昭和21年創業と老舗です。
そして“ステンレス製のテコ”や“蒸し焼きスタイル”を確立させたのは『おかる』と言われています。

そんな老舗の『おかる』で筆者が食べるべきメニューは、ただひとつ
『豚玉』(800円)
のみであります! やはり基本中の基本、お好み焼きの中のお好み焼き、ベーシックスタンダードである『豚玉』こそ究極の一品かと思われます。

“お好み焼き”が焼けるまで待つべし!

そして『おかる』は店員さんが全て調理してくれるので、コチラは焼き上がるまで待つのみであります。
店員さんは、あちこちのテーブルを回っているので忙しそうですが、筆者的には暇なのでビールでも飲んで、のんびり待ちましょう。
店員さんがカップに入った生地を器用に混ぜてくれます。
時々“生地を上下に返す”と言うテクニックを駆使する事で、空気を含ませながら生地を混ぜるのです。
いい感じに混ざると生地を鉄板に乗せ、蓋(かぶせ)を乗せて店員さんは別のテーブルへ行ってしまいます。

押して蒸して焼くのが『おかる』スタイル

そして数分後、お好み焼きを返しにやって来たと思ったら、返した途端
「目の前で“お好み焼き”を押し潰す」
と言う信じられない光景が……。唖然としていると、何事も無かったように“蓋”をして、また別のテーブルへと消えて行きます。
基本的に“お好み焼き”で「生地を潰す」と言うのは御法度なのですが、この『おかる』の伝統的な焼き方では生地の中央を激しく潰します。
しかも、ちょっとテコで抑えるレベルを超えて、ほぼクラッシュ状態まで潰します……。本当にコレは大丈夫なのでしょうか?

芸術的な『おかる』のマヨアート

そして、筆者の心配をよそに涼しい顔で戻って来た店員さんは、何事も無かったかのように蓋を開けます。
結果、何事もなかったかの如く焼きあがっていました。
なんでも蓋をして蒸し焼きにするので、潰しても再びふっくら焼き上がるそうな。
そして、ここでマヨネーズと鰹節等の有無を聞かれますが、是非ともマヨネーズだけは断らないで頂きたい。
『おかる』のマヨアートに対するパッションを受け止めるのも、食べる側の礼儀なのです。

調味料ポットは触るべからず!

そして大事な事なので書いておきますが、備え付けの“調味料ポットは店員さんが使う為のモノなので、触ってはなりません。
『おかる』は最初から最後まで作ってもらうスタイルなのです。

『豚玉』を食す!

そして実食!
ちなみに今回のマヨアートは“通天閣タワー”で御座います。サイドの“大阪”の文字も含めて関西推しです。
そう言えば、店を改装する前に訪れた時は“筋肉マン”だったので、特に“大阪”縛りでマヨアートを行っている訳では無い模様。

肝心の『豚玉』の味の方ですが、いわゆる“お好み焼き”としてベーシックな感じで御座います。
特に山芋を使ってふっくら焼くとか、牛乳を使ってコクを出すなどの小技は使わず、ストレートに生地の旨さとマヨアートで勝負です。

やはり『おかる』の『豚玉』は落ち着きますね。まさに“お好み焼き”のド真ん中って味で、時代に流されない『おかる』の姿勢に好感が持てます。

『おかる』 総評

あと、比較的どうでも良い事ですが、改装された事で“座席スペース”が少しだけ広くなったと感じました。
以前は椅子と言うか腰をかける部分の幅が超狭く、背もたれと言うか壁も直角で
「座高を測定してるフィーリング」
があり、お好み焼きに集中出来ない自分が居ました。まあ、今も決して快適とは言えませんが、とりあえず身長175cmでも不自由なく“お好み焼き”を食べる事が出来ます。
あとは“お好み焼きには手出し無用!”とか“お好み焼きクラッシュ”とか色々ありますが、それらを含めて『おかる』の“お好み焼き”なのかと思います。
それでは、みなさんも是非『おかる』に訪れてみて下さい。特にマヨアートに関しては世界一と思われるので、必見かと思いますよ。

『おかる』

大阪府大阪市 中央区千日前 1-9-19

営業時間 12:00~15:00 17:00~22:30

定休日:木曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP