体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本一の大衆居酒屋で幻のカステラを食す! @『正宗屋』大阪 千日前

masamu-2_R

数多くの居酒屋を渡り歩いて来た筆者が、万全を期してお届けする名店中の名店「キング・オブ・大衆居酒屋」その名も
『正宗屋 相合橋』
の紹介で御座います。まず、居酒屋と言えば星の数ほどもあり、その中で一番の店を出せと言うのは非常に難しい事なのですが、筆者の場合は迷う事なく、この『正宗屋 相合橋』の名前を挙げる事が出来ます。

ミナミに君臨する大衆居酒屋の頂点

masamu-7_R

何を持って“最高の居酒屋”とするかは人それぞれですが、この『正宗屋 相合橋』は、多くの人にとっての“ひとつの答え”であると言えるでしょう。
まず美味い!
そして安い!
昼間から飲める!
この三拍子揃った『正宗屋 相合橋』は今も昔も、多くの人を魅了し続けています。

瓶ビールは大瓶で390円!

masamu-3_R

まず最初に言っておきますが、今回は写真少な目で御座います。夜のピークタイムともなると『正宗屋 相合橋』は、ほぼ満席でありカウンターの幅も狭く、隣の人との距離も半端なく近いので、のんびりフォトセッションを楽しむ余裕はありません。
さっと飲んで、スパっと席を立つのが旅人としての礼儀でしょう。
ここら辺の“空気読め感”を大事にし、どんな店でもさりげなく振る舞うのが大人の酒飲みです。
無論『正宗屋 相合橋』で長々と酒を楽しむのもアリですが、そういうのは極力ピークタイムを外して訪れた方が無難です。
と、言う訳で今回は『瓶ビール(大)』が筆者の友達です。瓶ビールの大瓶が390円で飲めるのは最高ですね。

『お造り盛り合わせ(中)』

masamu-4_R

そして、コチラの刺身の盛り合わせが『正宗屋 相合橋』の誇る
『お造り盛り合わせ』
で御座います。盛り合わせる内容は“板さんのお任せ”ですが、大きさは”大、中、小”と選べます。
値段は忘れたのですが、写真の中サイズでも1000円くらいなので、刺身好きなら“中”を頼むと幸せになれます。
内容は“本マグロ、カンパチ、タイ、イカ、えんがわ、ハモ”だったと思います。
写真を見れば分かりますが、このマグロは中トロくらいの脂のノリ具合で、めちゃめちゃ美味しかったです。
あと“鱧(ハモ)”は、関西に来たら食べたいですね。特に関東圏の人は食べた事が無い人も少なくないので、積極的に食べてみて下さい。
“えんがわ”も最高でした。この歯応えと旨み、久しぶりに本物の“えんがわ”を食べたかもです。

『カステラ』(360円)

masamu-9_R

そして『正宗屋 相合橋』の名物と言えば、この『カステラ』を外す訳には参りません。筆者も最初は知らなかったので
「居酒屋でカステラって需要あるのけ?」
みたいな感じで軽くスルーしていましたが、実はこのカステラ的なビジュアルの物体は
「鯛の卵を甘く煮て固めて蟹味噌を塗った料理」
となっております。つまり、限りなく“酒の友”として秀逸であり、日本酒にはベストな肴になっております。
しかし!
蟹味噌&魚卵と言う“痛風に向かって一直線な素材”で構成されている諸刃の剣。素人にはオススメ出来ません。
この『カステラ』をチビチビやりながら、日本酒を飲むと限りなく幸せになれます。
あと基本的に『カステラ』は“相合橋店”にしか無いらしいので、訪れる時は気を付けて下さい。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy