ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

櫻井翔の官僚トップ父 物腰柔らかだが大臣に反対する気骨も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月16日、総務省事務次官に就任することが決まった嵐・櫻井翔(33才)の父・俊さん(61才)。そのニュースはスポーツ紙だけでなく、一般紙の社会面でも大きく報じられたが、「総務省事務次官」ってどれだけスゴイの?

「事務次官は各省庁の事務方のトップ。中でも総務省は財務省、外務省と並ぶトップクラスの省庁といわれていますから、官僚の中ではエリート中のエリートといえるでしょう」(政治評論家・伊藤惇夫氏)

 行政組織や公務員制度、消防防災、情報通信、郵政事業といった国家の基本的仕組みにかかわる諸制度やシステムを所管する総務省は、国の根幹を成す役割を担う。

「総務省には5000人以上の職員がおり、今回の人事で櫻井さんはそのトップになりました。 超難関といわれる国家公務員I種試験(現・総合職試験)に合格したキャリア官僚の中でも、事務次官になれるのはほんのひと握りなんですよ」(前出・伊藤氏)

 最高ポストというだけあって、事務次官は省内でも給料はトップクラス。

「通常事務次官の収入は月給117万4000円で、ボーナスは夏と冬にそれぞれ200万円。退職金は約6000万円になります」(総務省大臣官房秘書課)

 東大法学部を経て、1977年に郵政省(現・総務省)に入省した俊さん。優秀な人材が多く「当たり年」と称された1977年入省組の中でも、抜きんでた存在だった。

「俊さんは、普段は物腰が柔らかく、人当たりもよく、敵を作らない。政策が間違った方向に進んでいると感じた時には、時の大臣にだって真っ向から反対する気骨がある。そのあたりが出世の秘密じゃないでしょうか」(政治部記者)

 日本を代表するトップアイドルの櫻井と、日本の政治を動かす官僚トップとなった櫻井パパ。櫻井家の“トップ会談”、一度でいいからのぞいてみたい!

※女性セブン2015年8月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「検事総長は年収2900万円」検察官の給与は警察官僚の2倍
財務省 民主党政権崩壊のドサクサに天下りを荒稼ぎしていた
エリートの頂点 財務省次官の登竜門は文書課長・秘書課長等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP