ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラッシック・バレエとポップを融合、カラーポワント初のミニアルバムを全世界配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラッシック・バレエとエレクトロポップを融合、新しいエンタテイメント「エレクトロ・バレエ・ポップ」を掲げたガールズ・グループ カラーポワントが、初のミニアルバム「first pointe」8月1日より、TUNECORE JAPANを通じてiTunes Music Store他、全世界各サイトにて先行配信を開始した。

幼少よりクラッシックバレエで鍛え上げられたメンバーによる、完成されたダンスの美しさがネット動画や、ダンスシーンで賛否、話題を集めてきた彼女たち。2014年よりオリジナル楽曲でのパフォーマンスをスタートさせ、世界に類を見ないクラッシックバレエとポップミュージックを融合させたダンス&ヴォーカルグループとして、楽曲制作を進めてきた。

ダンス・ヴォーカルグループやアイドルグループ全盛の時代において、長年の鍛錬されたダンスとポップな表現は、数々のクリエイターや関係者から、次のブレイク候補として、高い評価を得てきた中、満を持しての初のオリジナル作品となる。

全7曲の収録曲は多様な魅力にあふれている。クリエイターのカワムラユキとコラボレーションし、カワムラが詞を提供した先行シングル「ドガドガ」ではフランスの画家ドガ(オペラ座に通い、多くのバレリーナを描いた)をモチーフに「別れ」をテーマにした歌詞とエレクトロ・ビートにロックサウンドを乗せたせつなく、キャッチーな好楽曲。この「ドガドガ」を筆頭に、各曲、独特の視点とサウンド・カラーを持った楽曲が並ぶ。

全曲のプロデュースをCharaやキマグレンなど数々のアーティストを手掛けてきた浅田祐介が担当。クオリティの高いサウンドメイキングで、カラーポワントの音楽を構築している。また、マスタリングに山口泰を起用。山口氏はvictor studioから独立、渡米しNYでも活躍。Chara、Crystal Kay、清春、Britney Spearsや*NSYNCなど、さまざまなビッグ・セッションに参加した名エンジニア。今回、浅田祐介氏と山口泰氏が共通して使用する制作ソフトが「Studio One」。音楽制作の主流となっているDTMソフトの中でも高音質、高品質で知られ、クリエイターの間で話題となっている、「Studio One」でレコーディングからマスタリングまで一貫して制作されたことも注目の一つ。

クラッシック・バレエとポップ・ミュージック、伝統と最先端を融合させたスタイルは、世界に類を見ない史上初の試み。初のミニアルバムを引っさげ、全身を使ったバレエのダンスを行いながら歌うパフォーマンス・ライブを都内、関東圏を中心にライブ活動を行う。

リリース情報

ミニアルバム「first pointe」
8月1日0時配信開始
収録曲:
1. ドガドガ
2. 恋愛リインカネーション
3. P.S.
4. らるらる
5. Paddbre
6. Love Panic!
7. マジカルランド
ダウンロード:http://www.tunecore.co.jp/artist/colorpointe

関連リンク

■カラーポワントオフィシャルWEBサイトhttp://colorpointe.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP