ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

俺たちのトム・クルーズが『ミッション〜』引っさげ来日&神対応でカッコよすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月2日(日)、夏映画の大本命! 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の来日記者会見がザ・ペニンシュラ東京で行われ、製作・主演のトム・クルーズ、監督のクリストファー・マッカリーが出席。オレたちのトムクルがインポッシブルすぎる超絶アクションの舞台裏を語るとともに、会見中起こったマイクトラブルでは神対応を披露した!

21回目の来日をはたしたトムクルは、悪の国家=ローグ・ネイションとイーサン・ハント率いるIMFの激闘が炸裂する人気シリーズ最新作に絶対の自信だ。日本公開8月7日(金)に先駆け、7月31日(金)に公開された全米では、初日興収がシリーズ最高の2,030万ドル(24億4000万円)で大ヒットスタート! シリーズのみならず、トムクル出演作品史上、最大のオープニングとなった国もあるとかないとかで、全世界では先の週末に約1億1,200万ドル(134億4000万円)が見込まれているという、とにかくゴイスーなことになっている。トムクル自身、「本当にすばらしい結果だ。関係者も僕も満足しているよ」とスマイル。

その今回のパーフェクトな共闘についてマッカリー監督は、「トムとは5本目のコラボだが、毎回が”学び”の体験だったよ。だから前回までの経験を注ぐプロセスを大切にして、その結果に実に満足している。映画を観たら学んだ知識が満載だと思うので、観客の皆さんも満足してくれると思う」と確かな経験に裏打ちされた高品質な作品であることを説明。

また、トムクルも「毎回生徒になった気持ちで映画作りを学んでいて、そこには何かがある」と熱弁。「僕はまず観客(の存在)が頭に浮かぶが、知り得る限りの”技”を発揮して、良質な映画で娯楽を提供したい。ジャンルは関係ない」と観客と映画への想いを吐露。

と、ここでトムクル専用マイクの固定が弱かったか垂れ下がっていくという重大インシデント発生! スタッフが修繕に駆けつけるも、何度か自分で試み根本的な解決が必要なことを知っているトムクルは、立ち去ろうとするスタッフに待機を指示。案の定、垂れ下がっていくマイクがテープで補強されると、「ほら、こうして今も新しいこと(マイクの修繕法)を学んだよ!」と大スマイル。マイクを直したスタッフに深々と頭を下げて「アリガトウ!」と日本語で御礼を述べるなど、神対応を披露して周囲にハピネスを振りまいた。

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』は、2015年8月7日(金)より、全国ロードショー!

■参照リンク
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』公式サイト
http://www.missionimpossiblejp.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

俺たちのトム・クルーズが『ミッション〜』引っさげ来日&神対応でカッコよすぎる
松嶋菜々子がTBSドラマ『レッドクロス』で見せた劣化知らずの美貌と演技力に絶賛の嵐
SMAP中居正広の意外すぎる結婚観が話題に 「なにげに深い」「逆にかっこいい」
SMAP木村拓哉の「シャンプーは目をつむらない」エピソードの後日談が衝撃と話題に
ハマ・オカモトとJuice=Juice、鞘師里保の趣味、須藤茉麻のツイートとは?【ハロプロNEWS】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP