ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年は徳川イヤー!徳川の城に関する貴重資料盛りだくさん「徳川の城〜天守と御殿〜」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年は徳川家康公薨去から400年の記念イヤー。江戸東京博物館では特別展「徳川の城〜天守と御殿〜」が開催されます。

天下を取り、征夷大将軍となった徳川家康をはじめとした将軍家は、全国の統治を強化するために日本各地の要所に城を作りました。江戸城、名古屋城、駿府城、二条城…。現在も広く知られ、愛されるお城には、幕府の権威の象徴である天守や赤穂浪士でおなじみの「松の廊下」、「大奥」のような荘厳な御殿がありました。

天下普請。関ヶ原の戦いの後、統治を強化するために重要拠点に城を築きました。

本展では、屏風や絵地図、工芸品などの展示のほか、現代の最新技術を駆使した映像や模型で、当時家康たちが築き上げた「徳川の城」の魅力に迫ります。

展示の見どころは江戸博史上最多展示の「城絵図」と「城郭図」。縦3.72m × 横4・65mの巨大絵図や、各地の絵図や城郭図を一同に展示します。

あわせて、絢爛豪華な「御殿」の世界も紹介。また、高精細CGで復元された江戸城御殿の映像を上映します。時代劇で登場する江戸城の「大広間」や「松の廊下」「大奥」を迫力ある画面で鑑賞できます。

絢爛豪華な「御殿」の世界。

 

将軍が政治を執った大広間。

徳川家康が晩年を過ごした駿府城天守。2007年に静岡県立島田工業高等学校建築科の生徒たちが卒業制作で作り上げた見事な模型を特別展示します。

静岡県立島田工業高等学校建築科2007年卒業制作。素晴らしい出来栄え!!

徳川の城を深く知るまたとない機会です。城好きには堪えられない展覧会、どうぞお見逃しなく。

特別展「徳川の城~天守と御殿~」

THE EXHIBITION OF TOKUGAWA’S CASTLES
会期:平成27年8月4日(火)~9月27日(日)
会場:江戸東京博物館 1階特別展示室
開館時間:午前9時30分~午後5時30分※金曜日は午後9時まで。土曜日は午後7時30分まで。※入館は閉館の30分前まで。
休館日:毎週月曜日 ※但し8月10日、9月14日、21日は開館。

特別展「徳川の城~天守と御殿~」/平成27年8月4日(火)~9月27日(日)/江戸東京博物館 1階特別展示室

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

江戸時代からの東京が味わえる「江戸東京博物館」リニューアルの特設サイトが素敵!
発見!豊臣秀吉の幻の城「伏見城」の存在を裏付ける石垣などが出土
そうだ古墳、行こう。旅行口コミサイトが「日本の人気古墳TOP10」を発表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。