ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真実の愛を見分ける「5つのチェックリスト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」

太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。
でも、中には真実とは対照的な「有毒な愛」も存在します。そんな両者の差を「Higher Perspective」に掲載されているこの記事が教えてくれます。

 01.
そもそも、その恋愛は
何のためのもの?

【真実の愛】
自己開発が最も重要。両者は、互いにおける最善を望む。
【有毒な愛】
主な焦点は、恋愛関係それ自体にある。

02.
パートナー以外との
コミュニケーションはある?

【真実の愛】
両者の興味が違ったとしても快適に感じられ、友人との有意義な関係を持つことも許容される。パートナーからの叱責を恐れず、興味やアイデアを追求することができる。
【有毒な愛】
互いの生活の中だけにすべての関係がある。他のどこへも行くことはできず、相互依存関係にある。

03.
“いま”のパートナーの姿に
満足している?

【真実の愛】
パートナーの個性を受け入れることにおいて、争いは生まれない。
【有毒な愛】
ありのままのパートナーを愛するのではなく、自分が望む人に変えようと執着する。

04.
無理に“夜の営み”を
していない?

【真実の愛】
二人の親密さは、愛と信頼、思いやりと友情から生まれる自由な選択に表れる。
【有毒な愛】
パートナーの性的欲望を満たさなければならないかのような恐怖、不安、過度のプレッシャーを感じる。

05.
会話の本来の意味を
間違っていない?

【真実の愛】
すべての会話は、理解し、助け合い、パートナーに愛情を伝えようとする建設的なもの。
【有毒な愛】
会話は相手を非難し、自分を守り、パートナーを操作しようとするもの。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

関連記事リンク(外部サイト)

結婚すると、実は面倒な「7つのコト」。本当の自分を見失っていない!?
彼氏と今すぐ別れるべき「25のサイン」
彼女がアナタに求めている「7つのコト」。裸の時こそ、褒められたい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。