ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全部入りWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」はここがスゴイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NECの最新モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」が、7月16日に販売されました。機能や対応するバンドが充実しており、モバイラー垂涎の逸品として注目を集めています。
対応するバンドの多さに加え、SIMフリー端末では珍しいキャリアアグリゲーション(以下、CA)への対応が注目です。ちなみにキャリアアグリゲーションとは、複数のLTE搬送波を束ねることで通信の高速化や安定化を実現する技術のことです。

キャリア販売のルーターやスマホではCAの対応機種が増えてきていますが、SIMフリー機器では本端末を含め数えるほどしかありません。さらなる高速化を求める市場の要望に応えるために、この機種の登場をきっかけに対応端末が増えていくことが予想されます。

気になる価格ですが、大手量販店や各ECサイトを見ると本体とSIMのセットで25,000円程度。さらに専用の有線LAN搭載卓上クレードルをプラスしたセットでも30,000円以内での購入が可能です。取扱店によって価格差があるので、比較してみることをオススメします。

スペック情報

対応LTEバンド Band:1/3/8/11/17/18/19/21
転送速度 LTE:最大受信150Mbps/最大送信50Mbps
LTE-Advanced:最大受信300Mbps/最大送信50Mbps
キャリアアグリケーション Band1 + Band19
Band1 + Band21
Band3 + Band19
無線LAN IEEE802.11ac/n/a/b/g
連続通信時間 Wi-Fiテザリング時:約12時間
Bluetoothテザリング時:24時間
電池容量 2,300mAh
充電時間 約3.5時間
サイズ 約63(W) × 111(D) × 11(H)mm

※LTEバンドの各社対応状況は、ドコモ:Band1/3/19/21、au:Band1/11/18、ソフトバンク:Band1/3/8

 

国内LTEバンドの大半に対応、どの回線でも快適に通信!?

Aterm MR04LNの最大のポイントは、国内で利用可能なLTEバンドのほとんどに対応していること。メーカーページを確認すると、ドコモとワイモバイル(ソフトバンク)のLTE回線と本端末の接続が確認済みであることが記載されています。auの回線網について言及はありませんが、理論上は利用可能です。

また、SIMカードを使用するうえで必要不可欠であるAPN設定についても、主要通信事業者のAPNの大半がすでに登録されているのでSIMカードに応じたAPNを選択するだけで接続可能。スマホ向けに設定アプリも提供されているので、使い勝手も良さそうです。
※非登録のAPN設定は、マニュアルによる入力が必要。設定方法については、説明書要確認。

見逃せない特徴がもう1つ。このAterm MR04LNは、フル充電で連続12時間稼働が可能なバッテリーを搭載しています。屋外使用がメインとなるモバイルWi-Fiルーターは、1分でも長く使いたいところ。本製品であれば半日持つので、大変心強いのではないでしょうか。外回りの多いサラリーマンにとって購入の決め手にもなりそうですね。

 (文:齋藤克久)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP