ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Instagramに同期できるスマート・フォトフレーム「INSTACUBE」が便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Instagramにプッシュ式でつながるクールなデジタルフォトフレーム「INSTACUBE」があるのをご存知だろうか?

Instagramユーザーのマストアイテムになりそうなスマート・フォトフレームだ。

・ #Instacubeで自動フィード

「INSTACUBE」の使い方は簡単。

独自のハッシュタグ#Instacubeを使って、Instagramの写真がそのまま「INSTACUBE」にフィードされる仕組み。

お気に入りの写真にこのハッシュタグをつけると、次々とスライドショーとして表示される。

・スマホの画面の約3倍の大きさ

4GBのメモリーを持つ本体に内蔵されたWi-Fi経由で、ワイヤレスにネットとつなぐ。

幅25cm、高さ30cm、厚さ10cmという、スマホの画面の約3倍の大きさのディスプレイで、自慢の写真がクールなインテリアになる。

例えば遠く離れたおばあちゃんにプレゼントすれば、日々のInstagramアップロードでリアルタイムに孫の成長を共有できるの。

本体の構造もシンプル。上部にある3つのボタンは、電源、フィード選択、“いいね”ボタンのみ。タッチスクリーンで、直感的にInstagramフィードを選択できる。

・価格は149ドル

シリコンバレーと香港をベースにするアメリカの企業、D2Mから発売している「INSTACUBE」。

日本での正式な取り扱いはないが、D2M社ホームページから149ドルでオーダーできる。(日本への送料は45 ドル)

Instagram専用のスマート・フォトフレームとして、重宝しそうだ。

Instacube

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP