ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイケル・ベイの最新作『13Hours』 今度もやっぱり火薬てんこ盛りだった!【予告編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイケル・ベイ監督が、2012年リビアでのアメリカ領事館襲撃事件を描いた最新作『13Hours: The Secret Soldiers of Benghazi(原題)』のトレイラー映像を公開した。

https://youtu.be/SqM9eF3vbWM

ミッチェル・ザッコフのノンフィクションを題材に、リビア東部のベンガジのCIA拠点がテロリストに襲撃された事件を映画化した作品で、主演のジョン・クラシンスキーを筆頭にジェームズ・バッジ・デール、マックス・マーティーニ、トビー・スティーブンスらがキャストに名を連ねている。

今回公開されたのは”レッドバンドトレイラー”で、アメリカ映画業協会のガイドラインから外れたヴァージョン。よって過激な表現や台詞、アクションシーンなど、この作品の激しさの一端を目にすることができる。

マイケル・ベイ監督といえば『トランスフォーマー』シリーズなど娯楽作品で見られる火薬に予算を振り切る爆発シーン。シリアスなノンフィクション作品となった本作でも、随所で大爆破シーンを敢行している。『13Hours: The Secret Soldiers of Benghazi』はアメリカでは来年2016年1月15日公開予定だ。

関連記事リンク(外部サイト)

マイケル・ベイの最新作『13Hours』 今度もやっぱり火薬てんこ盛りだった!【予告編】
しっこしないで!立ちション対策として考案された壁が最強すぎる【動画】
ガラガラヘビと自撮りしようとしたバカ、噛まれて治療費1800万円に【動画】
メジャーリーグで1試合2度のランニング・ホームラン!守備が酷すぎると話題に【動画】
おしっこをして怒られてるチワワが神妙すぎて可愛いwww【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP