ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鎌田實氏「生まれるのは偶然、死はすべての人にとって必然」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自由に生きるのは難しい、と長野県の諏訪中央病院名誉院長でベストセラー『がんばらない』で知られる鎌田實医師は言う。幼少期からのみずからの生い立ちを振り返りながら、本当の自由を得ることについて鎌田氏が語る。

 * * *
 これまで幾度も話しているが、生みの親に棄てられ、育ての親に引き取られたが、そのときのことは記憶にない。その時、僕は1歳10か月。記憶がないだけで、いろんなことを感じる力はあったはず。

 ある日、住む家が変わり、見たこともない人を「お父さん、お母さん」と呼ばなければいけなくなって、悲しかったに違いない。本当の父母が恋しかっただろう。

 けれども、ここで失敗したらまた違う家に行かされて、これ以上悲しい思いをすることになる。そうならないように、いい子を演じ始めたのだと思う。

 育ての母は心臓病を患い、入院していることが多かった。父は夜中まで仕事があったから家にはいない。自分一人で生き延びなければいけないので、よその家でご飯をごちそうになる。どこでも生きるのが上手になった。1歳10か月からずっと僕は、無意識にいい子を演じ続けてきたのだ。

 大学を卒業し赴任した病院でも、地域医療を成功させるために地域にとってのいい子を演じてきた。仕事をするだけでなく、地域の人と一緒にご飯を食べ、酒を酌み交わし、健康づくり運動にエネルギーを注いだ。

 町の人からもよくしてもらい、諏訪大社の御柱祭の御柱にも乗せてもらった。地域にとってのいい子を演じていたからである。やがて、マスコミにも取り上げられることが多くなった。そのときも、期待に応えるようなスタンスでしゃべっている自分がいた。

 家族の中でも、いい夫やいい父を演じてきたように思う。誰にも無理やりコントロールされていないのに、無意識に自分自身で自分を枠にはめていたようだ。

 東日本大震災後、毎年、被災地である東北の中学校や高校で「命の授業」をしている。先日も福島と宮城の高校で講演を行なった。

 これまで自由の大切さを語ってきたのだが、今年はちょっと自分の中に迷いが生じている。自分は自由に生きてきたつもりだったが、果たして本当にそうだったのだろうか。いや、むしろ、逆だったのかもしれない──と。だから今年の講演会で正直に話した。

「自分は自由だと思ってきたけれど、いろいろなしがらみの中でもがいてきて、本当の自由を得ていないことに気づいた。少しでも本当の自由を獲得するために、残りの人生を努力をしていこうと思っている」

 そして生徒たちにメッセージを贈った。

「ここにいる全員が自由であることを忘れないように。みんなは何をしてもいいんです。自分で責任を負える範囲ならば。自由は闘いです。より大きな、そして本物の自由を得られる人間になってください」

 そこに気づいてから、死ぬための準備が少し変わった。かつて、自分の葬式はお経は5分以内、食事はカマタの好きな焼肉やカレーを出すようにと遺言にも書いた。が、最近は死んだ後はどうでもいい。葬儀はなくてもいいとさえ思うようになった。むしろ死ぬ前にやるべきことがはっきりしてきたとでもいおうか。

 これまでたくさんの人のおかげで生きてこられた。そしていろいろな人にチャンスをもらった。だからこそ、いただいたものをお返ししなければいけないと思い始めたのだ。

 自分の経験や自分の人脈は、若者たちにバトンタッチする。蓄えた貯金も全部還元してゼロにする。世界の子どもたちの役に立てるように、使い切らなければいけないと思っている。

 死は間違いなく近づいている。なぜ死ぬのか。それは生まれてきたから。生まれるのは偶然、死ぬのは必然だ。死はすべての人にとって必然なのである。

 今は体中にエネルギーがあふれている。死を怖れずに、老いていくことを怖れずに、できるだけおもしろく時間を過ごしたい。人の役に立つように自由にこだわって生ききってみたいと思っている。

※週刊ポスト2015年8月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西原理恵子 人生相談で「みっともなくても生き残ったら勝ち」
史上最も長生きは仏人女性の122歳 117歳まで喫煙していた
嵐山光三郎氏選出 高齢化社会を楽しむ方法を描いた3冊の本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。