ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】1ドル=125円の「黒田ライン」の攻防か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が8月3日~8月7日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、もみあいそうだ。米利上げ期待が強まりドル・円は上昇しやすい地合いとなりつつある。6月高値125円86銭が視野に入っているが、「黒田ライン」とみられている1ドル=125円を上抜けて上昇するか注目される。

 124円台では思惑が交錯し、上値は重くなる見通し。日本銀行金融政策決定会合後の黒田東彦総裁による記者会見で、円安に関して言及されるか関心が集まる。

【日銀金融政策決定会合】(8月6-7日)
 日本銀行の金融政策決定会合で現行政策の維持が予想されているが、会合後の黒田東彦総裁の記者会見が注目される。ドル・円が足元で124円台に浮上。外為市場では125円とみられる「黒田ライン」を意識している。米利上げ時期が始まれば、ドル高・円安が進行する見通しだが、円安に関する発言に関心が集まる。

【7月米雇用統計】(8月7日)
 7日に発表される7月の米雇用統計で、失業率は横ばいの5.3%、非農業部門雇用者数は前月比+22.5万人(6月は+22.3万人)と予想されている。米利上げに関して最も重視される統計で、9月利上げなら、予想通りかそれ以上の雇用情勢の改善が求められる。低調なら利上げ時期の後ズレも意識される見通し。

 8月3日-7日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)6月PCEコア指数 3日(月)午後9時30分発表
・予想は、前年比+1.2%
 参考となる5月実績は+1.2%。賃金上昇は抑制されており、コア指数の上昇率は1%台前半の水準が続いている。6月については、個人消費の動向に大きな変化が生じていないことやエネルギー価格の安定などを考慮すると、上昇率は1%台前半の水準にとどまる見込み。

○(米)6月貿易収支 5日(水)午後9時30分発表
・予想は、-422億ドル
 参考となる5月実績は-418.7億ドルだった。6月については、輸入額はやや減少するが、ドル高の影響で輸出が伸び悩む可能性がある。欧州やアジア地域の成長鈍化の影響を多少受ける可能性もあり、赤字額は5月水準をやや上回る可能性がある。

○(日)日本銀行金融政策決定会合 7日(金)決定会合の終了予定時刻は未定
・予想は、金融政策の現状維持
 日本銀行の黒田総裁は前回会合後に行われた記者会見で「2%程度の物価目標は2016年度前半頃に達成する可能性が高いとの見通しに変わりはない」と述べており、追加緩和の必要性は高まっていないことを示唆した。経済・物価見通しについては前回の会合で下方修正されたが、エネルギー価格下落の影響が今後薄れると予想されており、金融政策は当面現状維持の可能性が高い。

○(米)7月雇用統計 7日(金)午後9時30分発表
・予想は、非農業部門雇用者数は前月比+22.5万人、失業率は5.3%
 参考となる6月実績は、非農業部門雇用者数が前月比+22.3万人、失業率は5.3%だった。労働市場の穏やかな改善は続いており、7月の非農業部門雇用者数は20万人を超える増加となる見込み。失業率は6月と同じ5.3%と予想されるが、求職者数増加の可能性が指摘されており、若干上昇する可能性がある。

○日米の主な経済指標の発表予定は、3日(月):(米)6月個人所得・支出、(米)7月ISM製造業景況指数、5日(水):(米)7月ADP雇用統計、(米)7月ISM非製造業景況指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:122円80銭-125円80銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カナダドル 利上げの可能性もありでポートフォリオ通貨にも
1ドル100円台まで円安進むには3年かかると為替専門家指摘
元ドイツ証券副会長 日本株は今年上昇する可能性強いと指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP