ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

割れないシャボン玉を「ランプ」で実現!虹色のプリズム光にうっとり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え方にも一筋ならではのこだわりよう。
この球体ペンダントライト「IRIS」も、そんな彼らのニッチなこだわりが満載です。

モチーフは、ずばりそのままシャボン玉。
開発者のSebastian Scherer氏は、子どもたちの遊ぶシャボン玉に着想を得て、ほんの数秒の間、ゆらめく玉のきらめきを、いつまでも消えることのない形にキャプチャしたい、と制作を思いついたそう。

問題は、あのゆらめく虹色をどう再現するか?Scherer氏が目を付けたのは、ダイクロイック・コーティングという技術。これは光の入射面によって、ガラス表面にさまざまな色調を生み出す効果。これにより、シャボン玉特有のプリズム光は再現できた。
さらなる問題は、これを吹きガラスの技術で、美しいシャボン玉の球体をつくり出すという作業。この研究のためにScherer氏は、吹きガラス職人と試行錯誤を繰り返し、足かけ2年の歳月をかけようやく、割れないシャボン玉の再現に成功しました。

有機発光ダイオード(OLED)が埋め込まれ、放射された光とその反射光も利用して、虹色に映ろうシャボン玉の表情を、見事に再現しています。

イノベーションの裏に伝統技術あり。Scherer氏は「Cool Hunting」の記事内でこう、コメントを残しています。

「伝統的なクラフトマンシップと、現代の科学技術を融合させ共生させることは、まさにNeo/Craftが目指している、革新的なものづくりそのものなんです」

2014年に「レクサス・デザインアワード」、今年は「インテリア・イノベーション賞」をそれぞれ受賞した「IRIS」。この9月には、発売が予定されているそうです。

Reference : Cool Hunting
Licensed material used with permission by Neo/Craft

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機を待つ間にサーフィン?ミュンヘン空港に巨大人工ウェーブが出現!
これぞ匠の技!『スター・ウォーズ』の世界を表現した浮世絵に注文が殺到
【貴重な証言】95歳のドイツ人女性がSNSで語る、ナチス・ドイツ「動乱の記憶」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP